【東京卍リベンジャーズ】最新話193話ネタバレや感想!2月10日掲載

 

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【東京卍リベンジャーズ】の193話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

【東京卍リベンジャーズ】最新話193話ネタバレや感想!2月10日掲載

何度もタイムリープを繰り返して運命を変えた結果、現代のタケミチの目の前にヒナタがいる。

パーちんがケーキ入刀をする光景を見ながら、タケミチは改めてその感慨に耽っていました。

 

そしてヒナタも、今タケミチが12年の時を越えて戻ってきたところなのをわかっていました。

タケミチの手をギュッと握って、おかえりと言うヒナタ。

 

待っていたのは同じテーブルに着いている千冬もドラケンもです。

自分たちが生きて今この場にいるのは、ついさっきまで12年前にいたタケミチのおかげなのだと感謝を述べるのでした。

 

披露宴をそっちのけで盛り上がるタケミチたちに、パーちんがツッコみます。

パーちんは家業を継ぎ、大金持ちとなって幼なじみだった彼女と結婚。

ぺーやんは今でもパーちんの側近として働いているようです。

 

三ツ谷は駆け出しのファッションデザイナーとして既に将来を嘱望されており、八戒はトップモデルとして海外で活躍し、ユズハはそのマネージャーに。

スマイリー・アングリーの河田兄弟はラーメン屋”双悪”を2人で切り盛りしているとのこと。

 

千冬はペットショップの経営者をしていて、一虎はその手伝い。

ドラケンはイヌピーとともにバイク屋をやっているとのことです。

 

みんなそれぞれ立派に成長し、カタギの道を歩んでいる様子。

そしてタケミチの目の前にナオトが現れます!

わかってはいましたが、いざ生きていることを実感すると抱きつかずにはいられないタケミチ。

ヒナタのいる世界についに辿り着けたことを喜び合います。

 

ブーケトスを受け取るヒナタを見届け、今までで最高の現代を勝ち取った…と思われましたが、マイキーはどこにいるのか、という疑問をタケミチは口にし…!

<感想>

稀咲が死に、東卍を解散させたことで全員が幸せを享受できる現代へと到達できたタケミチ!

ただ一人、マイキーを除いては。

もしマイキーが無事であるなら、真っ当な道を歩んでいるのなら、パーちんの結婚式に参加しないはずがありません。

一体マイキーはどんな現状を抱えているのでしょうか?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事