【文豪ストレイドッグス】最新話90話ネタバレや感想!天人五衰の意味

 

とうとう始まった福地と立原の戦い。

能力の相性もさることながら、事前にボスと作戦を考えただけあって、福地は苦戦を強いられます。

ですが追いつめたと思ったのも束の間、立原は体を貫かれてしまうのでした。

 

しゃちょー
立原強すぎ!でもやっぱり負けるんかな…

 

では、2021年2月4日発売のヤングエースに掲載された【文豪ストレイドッグス】の90話のネタバレや感想をお伝えします!

 

前の話 一覧 次の話

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【文豪ストレイドッグス】最新話92話ネタバレや感想!天人五衰の意味

疑似的な未来予知

突如、背後からくし刺しにされた立原。

雨御前はまだ手元にあるため、立原には何が起きたのか理解できません。

立原は地面に倒れ、福地は雨御前を取り戻すことに成功します。

 

どうやら福地は最初に雨御前を過去に差し込んだ際、壁に「危機」を意味する言葉を切り刻んでいたようです。

そしてそれを見た過去の福地は、未来の状況を予測し、未来に向けて雨御前を刺します。

 

壁の文字の前に雨御前を出現させるようにし、立原をそこまで誘い込んだようです。

その力を目にして、立原はそれを「誰も勝てない正真正銘の無敵」だと考えます。

 

そして次に福地は、立原の両目を斬りつけます。

視力を奪われ、完全に異能を封じられてしまいました。

 

立原は殺せと言うも、福地はあきれたように天人五衰について語り始めます。

天人五衰とは、「天人に五つの死相をもたらすもの」。

天人は苦しまねばならない存在。

余人には手の届かぬ天上人、その天人とは為政者の事だというのです。

 

天人五衰とは、「国家の亡者に降る死相」とのこと。

それが天人五衰の犯行動機のようです。

 

そして、計画の最終段階である『裏頁』使用前に、ブラムの力を使って前国家の半数を支配するとのこと。

しかもそれを4日のうちにやろうというのです。

 

立原は、そんな短期間では絶対に無理だと笑うものの、福地の言葉でその方法に気づきます。

ブラムの力を、福地の力で100倍にするというもの。

立原は自殺しようとするも、それを福地に止められ、吸血種に還られてしまうのでした。

大指令

その後、ある空港にて。

サラリーマン風の男が海外に出発するところでした。

その男は、すでに吸血種となっており、国外へと感染異能が伝播してしまいます。

そして複数の国家にあっという間に感染が広まってしまい、国家中枢が掌握されてしまうのでした。

 

世界の危機が次々と報告される中、欧州「時計塔の従騎士」に異能兵器<大指令(ワンオーダー)>の封印解除が要請されるシーンで終わります。

感想

やっぱり、福地は簡単には倒せない相手でした。

しかも、疑似的な未来予知までできるとは。

これは1対1で勝つことは絶対にできないでしょう。

 

そして福地たち天人五衰は着実に計画を進めていきます。

すべては福地の思い通りです。

大指令というのが気になりますが、異能兵器というだけあって、国家を一つ簡単に潰せるくらいの規模ではありそうですね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事