【ヒロアカ】最新話300話ネタバレや感想!2月8日掲載

 

2021年2月8日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である300話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話300話ネタバレや感想!2月8日掲載

一連の事件や、大量の凶悪ヴィランの脱獄・脳無の存在により都市部はパニック状態へ。

脱獄囚は好き放題暴れようとしますが、それに対して一般市民がサポートアイテムで対応!

もはや人々はヒーローを見限っており、ヒーローが駆けつけるより早く武装戦闘を行うに至っていたのです。

 

その戦闘は周辺一帯を巻き込み、無関係な建物も壊されて住民がケガをするという事態が続出。

おまけにNo.9ヒーロー・ヨロイムシャをはじめ、引退するヒーローは増える一方です。

そして一般市民たちは、こうなった責任のすべてをエンデヴァーに被せようとしていました。

 

意識を取り戻したものの、麻酔がまだ効いている状態で意識が完全にハッキリしていないエンデヴァー。

それでも生きているという実感はあり、荼毘がわざと生かしたのだと悟ります。

そして、夏雄が襲われた時と同じように、轟を荼毘が攻撃していた時も固まって動けなかったことを悔いており…。

 

エンデヴァーは、かつての自分がしてきた所業が今返ってきただけなのだと考えます。

大量殺人者であっても、息子と戦うことはできない。

「轟炎司」は生き延びても、「エンデヴァー」は死んでしまったのだと涙を流し…。

 

そんな時、轟がちょうど病室に入ろうとして、エンデヴァーの泣き顔に驚いてすぐに出て行ってしまいます!

続いて冬美と夏雄が顔を見せますが、冬美はようやくみんなで顔を合わせられたことに安心をし、夏雄は目にクマを作っています。

 

エンデヴァーは遅すぎる後悔と罪悪感に耐えられない今の心境を打ち明け、繰り返し謝罪の言葉を口にしますが…

その言葉の続きを遮って、一輪の花を持ったが登場!

轟家のことと燈矢の話をしに来たのだと言い…。

<感想>

記念すべき300話は、出久の安否より先に、父親としてのエンデヴァーの是非が問われる回となりました!

冷はエンデヴァーの心に止めを刺すのか、それとも発破をかけるのか…。

轟家の今後が、次回で決定的になりそうな予感です!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事