【破壊神マグちゃん】最新話30話ネタバレや感想!2月8日掲載

 

2021年2月8日発売の週刊少年ジャンプにて、【破壊神マグちゃん】の最新話である30話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【破壊神マグちゃん】最新話30話ネタバレや感想!2月8日掲載

ゾンゼ=ゲの能力のせいで、流々の前でおかしなことを口走ってしまったと悩む錬。

しかもバレンタインデーが間近に迫っていることでソワソワしています。

そんな錬の前に、突然ウネが登場しました!

 

流々と錬の関係性にずっと注目し、ラブコメを楽しんでいたウネ。

恋のキューピッドとなるため、「魔術の聖騎士団チョコレート」という名のホレ薬を生み出します!

 

アホらしいと言いながらも、流々との進展しない仲、イズマの登場に内心焦っている錬は、使うかどうか葛藤しますが…

涙ながらに使わないという意志が打ち勝ち、ゴミ箱に投げ込んで走り込みに出掛けました。

 

その頃、バイト代でプリンの材料を買って帰ってきたナプターク。

ゴミ箱にある「チョコレート」を見つけてしまい…。

 

そして数時間後、鏻に料理作りを教わるため、流々・唯歌・桔梗がやって来ます!

3人はナプタークが試作したチョコプリンを食べることになり…。

 

一時間後、錬が帰ってくると3人にモテモテ状態のナプタークの姿を目撃しました。

そこにウネが飛び出し、「魔術の聖騎士団チョコレート」を食べさせられたら、相手のことが格好良く見えてしまうのだと解説します。

 

プリンのおいしさでモテているのだと勘違いするナプタークは、流々から褒められつつなでられてご満悦。

錬は殺意を覚えてナプタークを引き剥がそうとしますが、ナプタークに触るなと唯歌・桔梗に弾かれてしまいました。

 

ウネにどうにかするよう訴えると、今度は「魔術の聖騎士団ホワイトチョコレート」を出され…。

ホレ薬と逆の効果を持つチョコレートということで、錬はすぐさま流々に食べさせました。

 

するとその効果が錬に対して効いてしまい、流々から冷たい拒絶をされて大ショック。

しかも鏻までナプタークに優しくなっており、収拾のつかない事態に!

 

その時鏻はナプタークをカッコよく口説き始め、ナプタークにチョコプリンを食べさせます。

するとナプタークだけじゃなく3人から鏻がモテる状態に

 

魔術が上書きされたと、ウネは鏻に興味を持ちます。

そしてホレ薬の効果がようやく切れて、ようやく事態が収まるのでした。

 

それでも流々から冷たくあしらわれてしまい、深く落ち込んでしまった錬。

足取り重くオカ研の部室に向かいますが…そこで3人からバレンタインチョコが贈呈されました!

 

冷たかったのは内緒で鏻からチョコ作りを教わりたかったため。

みんなで食べるチョコではあるものの、本命相手からのチョコレートに喜び、泣きながら味わう錬なのでした。

<感想>

せっかくの恋愛イベントでも錬の恋路の進展はゼロでしたが、流々の性格を思えばそんなものでしょう。

それにしても対応の冷たい流々や、ハーレム状態のナプターク、カッコよく相手を口説く鏻など、珍しくて面白いものが見られる回でした。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事