【ランウェイで笑って】最新話172話ネタバレや感想!1月27日掲載

 

2021年1月27日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の172話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話172話ネタバレや感想!1月27日掲載

中国・韓国・シンガポールを飛び回り、研二はオリヴィアに課せられた商談をすべてまとめて、要求に応えて見せました!

するとシャルが次にやりたい仕事を言い渡され、研二は再びアジア中を駆け回ることに。

 

一方の育人は、デザイン案をまとめて北谷に提案しに行ったものの、絵ではよくわからないから実物を作れと要求され…。

そのすさまじい労力とサンプル制作にかかる費用に美依は頭を抱えることになりました。

 

このように、育人はEGAO初仕事を成功させるため、研二はミルネージュを残すためにそれぞれ奮闘します。

研二は要求された契約をすべて達成!

育人も北谷から合格を言い渡されて一安心です。

 

心は自分の引き受けた分のデザインがすべて通ったことを嬉しそうにし、その様子を育人が優しそうに見守っていました。

花丘のパターンの仕上がりも非常に早く、デザインを勝手に変えることはあっても作業スピードは文句なしです。

 

心のデザインは育人らしさにとても馴染んでおり、EGAOに2ndラインを作るとしたら、2ndデザイナーにふさわしい実力を発揮しています。

それに感心する美依は、この4人はEGAOとして最高のメンバーなのだと、静かに思うのでした。

 

研二はシャルの元へ「初対面として」訪ねました。

シャルは覚えているようですが、そんな研二を咎めはしません。

 

研二は中華ブランドとの契約にあたりシャル本人の協力が必要だと頼みにきたのですが、これまでの研二の仕事ぶりから内容も見ずに承諾!

 

シャルがここまで精力的にアジアで仕事を取らせるのには、TGCで千雪に観客を奪われたのはシャルがアジア市場において価値が低いことを自覚し、それを許せずにいるから。

そして数々の要望を完璧に叶える研二の手腕を評価し、過去の失言も通訳が過剰に訳したせいだと判断して、研二を信頼して仕事を任せるシャルなのでした。

<感想>

過去の失敗を仕事で挽回しきった研二!

あの北谷を認めさせた育人・心もたいしたものですが、オリヴィア・シャルを相手にして不利な状況をひっくり返す研二にどうしても目が行ってしまいますね!

とはいえ、研二が仕事を成功させるということは、千雪が映画に出演する間にシャルがモデルとしてますます力を伸ばしていることになりますが…

千雪サイドの現状も気になるところです!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事