【ブルーロック】最新話116話ネタバレや感想!1月27日掲載

 

2021年1月27日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ブルーロック】の116話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ブルーロック】最新話116話ネタバレや感想!1月27日掲載

冴の活躍に会場全体が沸き、U-20日本代表のメンバーたちも駆け寄っていきます。

ところが冴は彼らをヘボ共と言って手を払いのけ、閃堂が3回の決定球を外したことをなじり…。

MFである自分より得点力の低いストライカーなど認めないと言い放ちます!

 

冴からボロクソに言われてしまった閃堂でしたが、愛空からのフォローを受けて奮い立ちます。

ブルーロック側は、冴一人の存在で桁違いに強くなったU-20日本代表の強さに動揺を隠せません。

 

アンリは練習してきた戦い方が通用していないことを心配しますが、絵心は練習とはノンストレスで発揮される技術に過ぎないと言い…。

練習にはないストレスに打ち勝つアドリブを、本番で実現できるかにかかっていると主張し、ブルーロックのエゴイストたちは本番に強いのだと信じて見守りに徹するのでした。

 

潔は、これまでブルーロックで培ってきた経験から、無駄な思考を削ぎ落として自分が今すべきこと=凛との連携プレーだけに能力を全集中させます!

あくまでも凛のイメージの範囲内で動き回って敵を翻弄。

凛は2人のDMFを釣り出したタイミングで蜂楽にバックパス!

凪についた愛空・仁王の2人さえ抜けば得点のチャンスという状況が生まれます。

 

その時点で潔は、凛との連携じゃなく自身のエゴに従ったプレーへ転換

愛空が凪を外れて潔につき、蜂楽はフリーとなった凛にパスを渡し…!

 

ブルーロックには願ってもいない絶好機が発生しました。

それを静かに見つめる絵心は、凛の覚醒がブルーロックの勝利の糸口だと言うのでした。

<感想>

潔が当然のように凛と息ぴったりのコンビプレーを発揮し、U-20日本代表にとって厄介な選手として作用しているのが激アツですね。

そして冴を見返すことをモチベーションとしてきた凛が、ここに来て大チャンスを獲得!

ここで決めてもらってU-20日本代表の鼻を明かしてやってほしいものです。

そうなれば、冴が不満を抱く閃堂と交代で士道が出場する時もやってくることでしょう。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事