妖精国の騎士〜金緑の谷に眠る竜〜最新話11話ネタバレや感想!

 

最新話掲載のプリンセスGOLDを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

2019年9月16日発売のプリンセスGOLDにて、妖精国の騎士〜金緑の谷に眠る竜〜の最新話である11話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

妖精国の騎士〜金緑の谷に眠る竜〜最新話11話ネタバレや感想!

11話ネタバレ!

姉のディアンを残して、ハリストークからアルトディアスへと帰還したメリロット。

お城には仙境の鳥といわれる歌い鳥(ソングバード)が贈り物としてもたらされ、人々を虜にしつつありました。

 

歌い鳥の鳴き声に導かれ、メリロットが進むと、ウィルが水の中で鳥たちに餌をやっています。

嬉しそうなウィルに、それは石だ、とメリロットが告げると足元に鳥たちの死骸が浮かび、水は黒くなり、その中にウィルも倒れている、といった景色になり、目が覚めます。

朝になり、庭を散歩していると、鳥たちの面倒を見ている男がいて、メリロットは声をかけます。

「新しい鳥使い?」

はい、と答えて説明し始めたときに、他の鳥に襲われたらしい伝書鳩が落ちてきます。

 

その鳩を連れて下がった鳥使いと入れ替わりに、アナが現れ、鳥の声にウットリし鳥の餌やりをします。

シリルも現れたところで、メリロットが鳥に指先を噛まれるハプニングがあります。

怪我は大したことありませんが、そこへ早馬が到着。

 

シェンドラ王妃に面会を求めてやって来たのは、アリストでした。

王と王妃は国境の塔へ行って留守と聞き、鳥と鳥使いを捕らえるように命じます。

乗船予定になかった、出自不明の贈り物だから、と。

鳥を気に入っていたウィルは暴れて反対しますが、結局は乗馬で機嫌を直します。

 

鳥使いへの尋問も始まりますが、レオン王から銀月の王への名を伏せた贈り物だと思っていた、との話でした。

「はっきりするまで牢から出すな」

と命令しますが、鳥の面倒をみるために、鳥たちも一緒にいることは許されます。

 

贈り主について調べるために出かけていくアリストに、メリロットは考え過ぎではないかと言います。

「王と王妃が不在の今はここはただの石の壁に過ぎない、白魔法使いは信用するな、ロビンは別」

と言い残してアリストは出かけます。

 

アリストに言われたことが気になって眠れないメリロットは、夜の城が怖くなくなったのは、ロビンが来てからだ、と思い出していました。
鳥の声を聞きて庭に出ると、ウィルがいます。

レティーシャがウィルを一人で出すはずがない、誰?と問うと、ウィルが絶対にしない酷い言葉使いでメリロットを攻め、引っ張ります。

すると、メリロットは毒のある植物が生えている場所にいて、目の前には歌い鳥がいます。

 

美しい声で鳴いて悲しみを呼び覚まし、リースを呼ぶように伝えてきます。

その術中にはまらないメリロットに、毒の植物が巻きつきますが、そこを助けたのはリースでした。

リースからはロビンを呼ぶように言われますが、姉の守りについているから、と呼ぶことは出来ません。

「メリロット、時間が」

とリースが言いかけたところで彼は背後から貫かれて消えてしまいます。

 

後に残ったのは、メリロットの手の中の、二つに切られた一枚の葉。

そして

「水竜は正しい、お前の寿命はつきた」

の声が響き渡るところで今回は終わります。

感想

鳥と鳥使いの存在が、まだまだ謎です。

それを調べるアリストの動きが間に合うことを祈ります。

それにしても、リースが消えた後に残った、切られた葉が気になって気になって。

リースの存在と、メリロットの運命が心配でたまりません。

 

最新話掲載のプリンセスGOLDを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

おすすめの記事