【淫らな青ちゃんは勉強ができないオトナ編】最新話10話ネタバレ!

 

最新話掲載の少年マガジンエッジを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元やお得なキャンペーン多数!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

2019年9月17日発売の少年マガジンエッジにて、淫らな青ちゃんは勉強ができないオトナ編の最新話である10話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【淫らな青ちゃんは勉強ができないオトナ編】最新話10話ネタバレ!

親友たちと拓海で、アソコの大きさを見比べるも、みんなそこまで変わらない様子です。

 

大きさにこだわる拓海に、青の父親は

 

「行為中相手の気持ちを維持させること」

 

が大事だといい、拓海も「青を想う気持ちなら自信ある!」と、自信を取り戻します。

 

おじさんはそのあと、『愛のボッキボキ』という自作の歌を風呂場で披露し、その場面は終わります。

(思いのほか美声で、動画サイトで300万再生されたとのこと。)

 

場面は、青と雅の二人へ。

 

早速いつものごとく、雅が青を説教します。

そして、大事なのは気持ちだ、とジェスチャーで伝える雅ですが、青はHテクニックのことだと勘違いしてします。

 

会話は微妙に噛み合っていませんが、何だかんだ真摯に相談に乗ってくれる雅。

 

そして最後に、青は泣きながら「拓海くんくらい優しい人いない、だから後悔してる」と言います。

 

すると、後ろに拓海が立っており、「帰ろうか」と二人は先に帰宅します。

 

その後、雅、米塚、上原の3人で、会話。

上原は雅のことを狙っており、「拓海のことは諦めたのか」などを話します。

 

「あんたのことはミリも気にしていない」

「早く幸せになってくれないと落ち着かなくてうっとおしいわ」

 

と言う雅。

恋愛するつもりはない、という雅ですが、何だかんだ上原とはうまくいきそうな感じです。

 

シーンは変わり、青と拓海へ。

青から手を繋ぎ、キスをするなど、積極的な姿に照れる拓海。

理性を抑えながら「帰ろうか」という拓海に、青は「どこかに泊まらない?」と、照れながら答えます。

 

そして、二人はラブホテルの中へ。

 

青「テクがあれば大丈夫」

拓海「気持ちがあれば大丈夫」

 

と心の中で強く想い、『へらっ』と二人で赤面しながら見つめ合うところで終わります。

 

最新話掲載の少年マガジンエッジを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元やお得なキャンペーン多数!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

おすすめの記事