【ランウェイで笑って】最新話171話ネタバレや感想!1月20日掲載

 

2021年1月20日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の171話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話171話ネタバレや感想!1月20日掲載

育人から、映画に使用するEGAOとしての既製服260着を手伝ってほしいと頼まれ、心はそれを引き受けます。

心にデザインを描き起こしてもらうために、育人はEGAOの方向性を説明しなければなりませんが…具体的な言葉で表現することができません!

 

笑顔になるような服という抽象的な言い方に、心は戸惑うばかり。

急いで大量のデザインを制作しなければならない心と同時に、育人もEGAOの方向性を定めることに頭を悩ませます。

 

美依からは心にEGAOとしてのとても大事な仕事を任せたことに軽く反発されつつも、ダメだった場合の保険はかけてあると言う育人ですが…。

自分はデザイナーになりたいのだと思ってこれまでやってきた心ですが、今やそうじゃないのだという確信が強まってきています。

 

デザインももちろん好きなのですが、それ以外の仕事であっても、服を作ることに関わっていれば心はとても幸せなのです。

そんな充実感を覚えつつ、EGAOの服のイメージを膨らませていきます。

 

ところが、EGAOの服を着るのはどんな人かと考えを巡らせても、ぼんやりとして掴みどころがありません。

なんとか笑っている人を思い浮かべようとしますが…。

 

そんな心の脳裏によぎったのは、育人の笑顔でした。

それから一気に、いくとが喜ぶ服という具体的なアイディアがポンポンと飛び出してきます!

 

着た人をイメージできなくても、美依・花丘・千雪・育人の笑顔ならイメージできる。

そうして育人のデザインする服を心なりに解釈して描き起こしたデザインを、育人に提出しました。

 

育人は、心が育人のデザインをどう解釈しているかを聞くことで、EGAOで自分が実現したい方向性を発見することができ、明るい笑顔を見せます!

自分以上にうまく表現してくれた心の言葉がしっくりときて、育人は大喜びです。

 

対して、心が作りたい服というのは、身近な人が喜んでくれる服。

その相手とは、着る本人に限りません。

 

一緒に働くスタッフや、自分自身も含まれています。そんな気持ちを自覚できた心は、一生服作りに携わっていたいという想いを野望として、育人に伝えるのでした!

<感想>

デザイナー志望だったはずなのに、EGAOに加入したことで危うさを感じさせていた心でしたが、育人の助けもあってついに自分の野望を見いだすことができました!

心は立場にこだわらず、ただ純粋に服作りが大好きなんですね。

これからもEGAOで大いに活躍してくれることに期待です!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事