【パラレルパラダイス】最新話142話ネタバレや感想!ロミーの本当の強さ

 

突然のヨータの死に、動揺するガーディアンたち。

そんな彼女たちを上位ガーディアンのミミは、あっという間に殺してしまいます。

ルーミも捕らえられ、ボコボコにされる中、ロミーがミミを蹴り飛ばすのでした。

 

2021年1月18日発売のヤングマガジンにて掲載された【パラレルパラダイス】の最新話である142話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【パラレルパラダイス】最新話142話ネタバレや感想!ロミーの本当の強さ

ロミーの本当の強さ

顔面を蹴られ怒り狂うミミ。

裁判なしではロミーのことは殺せないため、両手足を切断することを宣言します。

 

するとロミーは右腕を差し出し、指でかかってこいと言わんばかりに挑発。

ミミはそのロミーの右腕を鞭でぐるぐる巻きに。

 

ですが、ロミーはその鞭を引っ張り、ミミが逆に釣られてしまいます。

近付いてきたミミの顔面にもう一発蹴りをかますロミー。

 

今度は言葉で挑発すると、またミミが鞭を振り回してきました。

ですがその先にはすでにロミーの姿はありません。

一瞬のうちにミミの後ろに回り、かかと落としをかまします。

反逆

ロミーは撲殺してやるのデスと言い、拳を振りかざすも上位ガーディアンであるユウマが止めに入ります。

そして、ミミに対しロミーには勝てないことを告げます。

 

ミミはロミーをこのままにしておけないと話すも、ユウマはロミーは何も罪を犯していないことを話します。

手合わせで負けただけで犯罪者扱いにはできないとのこと。

そしてピアノを下ろすように指示を出します

 

ミミはピアノは不敬罪などと主張するも、ユウマは恩赦だと答え、言うことをききません。

ユウマはミミを縛って地面に押さえ込むと、耳元で「間違っているのは国母だと思う」と言います。

 

ユウマはミミをどこかで止めなければと思っていたようで、今回、ロミーのおかげでようやく拘束することができたようです。

もう一人の上位ガーディアンが本当にいいの?と確認。

ユウマに迷いはないようで、自分が従うのは法ではなく正義であり、国母には正義がないと話します。

 

ですが、肝心の世界を変えるはずのヨータは死んでしまっています。

ユウマはサンドリアで2度生き返ったことを話すも、ルーミが「次に死んだら生き返れない」と話していたことを伝えます。

 

それを聞き、驚くユウマ。

ミミは嬉しそうに大笑いしながら「全員無駄死ににゃー!」と叫ぶのでした。

 

その頃、現実のヨータの元にズタボロの人形(人と同じサイズ)が現れていました。

人形は「予想もしていなかったよ。まさかこっちで殺されるなんてね…だからセーフ」というと、ヨータの死体をベットごと蹴り飛ばすのでした。

感想

上位ガーディアンの二人が離反する急展開でした。

ただ、上位ガーディアンは他にもいるでしょうし、ガーディアンたちを含めたとしても、戦力的には全く足りません。

国母にはさらに護衛がいるでしょうし、やはり要となるヨータがいなければどうしようもないでしょう。

 

そんなヨータの元に現れた一人の女(?)。

今度はヨータはどうやって生き返るのでしょうか?

現実の世界で死に、完全にこちらの世界に来させようという魂胆でしょうか。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事