【恋か魔法かわからない!】最新話4話ネタバレや感想!1月13日掲載

 

残り11ヶ月でチャームの力を使った働きで七賢者を認めさせるという目標を授けられた魅斗。

師匠の教えに気合十分の魅斗ですが、そこに結衣がやって来て、結衣の父親に魔法の発現を報告しに行こうと言い出され…!

 

それでは、2021年1月13日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【恋か魔法かわからない!】の4話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【恋か魔法かわからない!】最新話4話ネタバレや感想!1月13日掲載

天拳道場にて、チャームの魔法が開花したことを師匠である結衣の父・将に報告する魅斗。

とりあえずは念願の魔法を手に入れられたことを喜ぶ将ですが、チャームと天拳格闘術を組み合わせることは可能かと聞かれると、多分ムリだと一蹴!

さらに、試しにチャームをかけてみろと言って案の定大騒ぎに。

 

天拳家で夕食の鍋を一緒に囲いつつ、魅斗は魔法の開花だけでなく七賢者全員に会ったことも話しました。

すると結衣とその母・栄子は魅斗が遠い存在になったみたいだと寂しがり、昔の弱々しかった魅斗を懐かしんで昔のアルバムを大量に取り出す始末。

これからも頼ってほしいと2人して母性を発揮します。

 

魅斗は、チャームで不死鳥級になれるのかと不安そうですが、将は大丈夫だと励まします。

魔力もないのに弟子入りを懇願して実家を離れ、多くの弟子が逃げ出すような修行に忍耐力と実直さで励んできた魅斗を、将は師匠として高く買っているのです。

こうして天拳家に可愛がられながら、魔法開花を祝う食事が始まるのでした。

 

食事を終えて魅斗の入浴中、結衣は改まって両親に、魅斗の件について相談があると言います。

そして魅斗が寝入った後、何者かが魅斗の布団に侵入し…。

 

魅斗が目を覚ますと、手に柔らかいものが当たっており、目を開けるとそこには結衣の姿が!

魅斗は寝ているうちに結衣の胸を揉んでいたのです!

はだけた浴衣を整えて、結衣は今すぐしたい話があると言い出します。

 

結衣は胸元から一枚の紙を取り出し、それは長年魅斗に渡したかったもので、ようやく将の許可が得られたのだと語り出しました。

魅斗の魔法が開花した時に渡すつもりだったということですが…。

 

それを開いた魅斗が見たのは、婚姻届!

結衣は幼い頃からずっと魅斗のことが好きで、しかし魔法を使える人間としか結婚できない天拳家の掟を守るため、ずっと自分の気持ちを抑えていたのです。

そのストレスを、毎日婚姻届を書くことにぶつけていたということで、大量の紙の山を見せる結衣。

 

結衣を姉としか見ていなかった魅斗には信じられず、これはチャームの効果なのかと疑いますが、結衣はそれを否定して魅斗を押し倒しプロポーズ!

突然の急展開に、魅斗は「恋か魔法かわからない!」という混乱を極めるのでした。

<感想>

1話から好感度MAXだった結衣は、やっぱり魅斗のことが大好きだったんですね。

その強い気持ちをやっと伝えられたのに、本人には信じてもらえないのは可哀想ですが…。

しかし、魅斗の天拳家からの溺愛されようを見るに、もしかすれば本当にチャームの効果が親子3人にかかっている可能性も捨てきれません!

開花はしていなくても、魅斗の幼い頃から共に過ごすことで、その魔力の片鱗に影響されていたというのもあり得る話です。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事