【シャングリラ・フロンティア】最新話23話ネタバレや感想!1月6日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!
※2021年2月1日までのキャンペーンです

 

 

2021年1月6日発売の週刊少年マガジンにて、【シャングリラ・フロンティア】の23話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【シャングリラ・フロンティア】最新話23話ネタバレや感想!1月6日掲載

ヴァッシュは鍛冶をしながら「鉄打ちの唄」を歌い出します。

ビィラックはその歌が大好きらしく、サンラクを黙らせ目を輝かせて聞き惚れていました。

 

こうしてサンラクの武器が完成!

兎月(とげつ)上弦・下弦と白黒の対刃剣になりました。

その説明文には、真の姿を隠しているようなことが書かれており…。

 

上弦は自分より高レベルの相手へのクリティカルに成功すれば、HPが減少する代わりに次の攻撃に威力補正がかかります。

下弦は同じ条件でHPが回復。

さらにクリティカル攻撃を一定回数当てれば「合体ゲージ」が蓄積されるとあり、サンラクは早速試そうとします!

 

ところが、必要ステータスが足りていないため装備不可能。

今からレベルアップでステータスを割り振っていっても、レベル50まで装備できない計算になり…一転してサンラクは愕然とするのでした。

 

サードレマ裏通りの酒場にて、サンラクはペンシルゴン・オイカッツォと落ち合います。

3時間近い大遅刻に2人は猛反発!

 

しかし、ウェザエモンについての情報を得たと言うと、ペンシルゴンからは許されました。

ヴァッシュの言い方から、ウェザエモンはアンデッド系のモンスターだと推測されます。

 

ペンシルゴンはサイボーグ系だと思っていたようですが、それを聞いて納得できる理由に思い当たった様子。

そして何か思いついた様子で席を立ち、夜まで別行動をすることに。

 

時間を持て余したサンラクとオイカッツォは、地図と釣り竿を渡されて「神代の鐵遺跡」でレベリングするよう指示され、早速特訓開始です!

<感想>

せっかく面白そうな武器を入手したのにおあずけとは残念でした。

これは遺跡でのレベリングで間に合わせて、ウェザエモン相手に披露することに期待するしかありませんね!

その前に、釣り竿を使ってどうやってレベリングをするのかも楽しみです。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!
※2021年2月1日までのキャンペーンです

 

 

おすすめの記事