【夜桜さんちの大作戦】最新話65話ネタバレや感想!1月4日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年1月4日発売の週刊少年ジャンプにて、【夜桜さんちの大作戦】の最新話である65話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

夜桜さんちの大作戦】最新話65話ネタバレや感想!1月4日掲載

2人だけでババ抜きに興じる太陽と六美。

しかし太陽はジョーカーを引いて喜び、取られた六美はガッカリしています。

こうなった理由は1時間前にさかのぼり…。

 

七悪が人気の限定品だという「雪ちゃんスフレ」なるものを買ってきました。

嗅ぎつけた兄弟たちが一瞬で1個ずつ取っていき、ゴリアテと七悪も1つずつ食べますが、太陽と六美も食べようとしたら残りは1個だけ。

これまでは8個頼んでいたため、お店の人が個数を間違えたようです。

 

半分こだとそのおいしさが堪能できないというので、太陽と六美は同時に譲り合ってしまいます。

お互いを思うからこそ、思いやりを押し付けるエゴか、思いやりに乗っかる浅ましさかという、どちらにせよ地獄でしかない二択に2人は思い悩み…。

 

膠着状態に落ちったところで、七悪は「夜桜トランプ」を出します。

平行線になった際、このゲームで決着をつけるのが夜桜流なのです!

 

勝負はババ抜きとなりますが、勝利者が雪ちゃんスフレを食べるルールなため、太陽も六美も必ず負けて相手に食べてもらうことを心に決めるのでした!

 

しかしお互いがあからさまに顔に出すため、残り2枚でジョーカーの行き来ばかりで1時間が経過。

呆れる七悪ですが、思い立ってその隙に再度ケーキ屋へ出かけて、残り1個だった雪ちゃんスフレを手に入れました。

 

その帰り道で七悪は、以前は2セットあったはずの夜桜トランプが1セットなくなっていたことを思い出し…。

 

そしてその頃、かつては小さな漁村があった無人島・白骨島にて。

古びた民家の縁側で、皮下と百がトランプをしており、皮下が10連敗で今日のお風呂掃除当番となりました。

 

そこにアイとアオヌマ、クロサワ、チャチャと呼ばれるタンポポのメンバーたちが、大量の食材を持ち帰ってきます。

皮下は3日後の「種まき計画」の前夜祭だと言って鍋を作ると言い出します。

一方で夜桜家の突入も残り72時間に迫っているのでした!

<感想>

ほのぼの回かと思って安心をしていたら、まさかタンポポまでほのぼのしているとは予想外でした!

ここにきて初登場のメンバーも強キャラの予感しかしません。

一体彼らはどんな実力を秘めていて、夜桜家はどのように対抗するのでしょうか…?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事