【クズとケモ耳】最新話28話ネタバレや感想!11月27日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

格差を超える愛…表紙のイラストも九晟とメルが飾った今週号。

心はクズだがメルを心から愛する九晟と、ミミ付きの美少女メルの身分違いの恋人同士。

メルと結婚しょうとする九晟だが、その道は非常に困難…メルは傷害事件の犯人という濡れ衣を着せられ公開処刑、それも火あぶりにされることに…どうなってしまうの?

と言うのが前回までのお話です。

 

2020年12月25日発売の&Flowerにて、クズとケモ耳の28話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【クズとケモ耳】最新話28話ネタバレや感想!11月27日掲載

メル、処刑されてしまうのか!?

牢獄の中。

処刑の決行がメルに言い渡される。

メルはご主人様がくれたベルを握りしめていた。

取れてしまった首のベル。

 

・・・

 

ぼたんたちの住む山の家。

都から戻ってきた多重が、こっそりと家の中をのぞいていた。

 

彰史「ぼたんたちならそこにはいないよ」
彰史の声に驚く多重。

多重に「ノコノコ戻ってくるなんて…」という彰史に、多重はぼたんやメルが上等な男に選ばれて調子に乗っていることにムカついたんだもの…と言うのだった。

 

そんな多重を、彰史は後ろから腕で捕獲し、痛めつけながら「(彼女たちは)君の軽率な行動のせいで十分痛い目にあっているよ」と言い放った。

「トンズラなんて許さない」と言う。

 

場面は変わって、処刑の会場。

大勢の群衆がメルの処刑を見るために集まっていた。

 

メルは、九晟と出会って自分の人生はしっちゃかめっちゃかだ…と考えていた。

メルは精いっぱい大きな声で

私は子供を傷つけたりしていません!!」と群衆に訴えていた。

処刑官たちは必死にメルを抑えようとしていた。

 

メルは収まらない「神に誓えます、絶対にやっていません」そう叫ぶメルの口を処刑官たちが抑えつける。

(諦めない…)メルは、絶対に九晟が来ることを信じていた。

 

「命乞いか—-」その光景を一番高い席から、面白そうに眺めていたのは、九晟の祖父だった。

貴族院議長も一緒に。

 

そこに、「やっぱりな、アンタの事だから見物に来ると思った」そういいながら、九晟が現れた。

今すぐに処刑を止めるように祖父に訴える九晟。

 

祖父は簡単には引き下がらない、これは皇家のためでもあるんだ、と、ミミ付きと結婚なんて愚かなことを言う九晟をまともに戻すためにやっていると、祖父は主張していた。

 

九晟は祖父に、自分の父を、後継のプレッシャーで追いつめダメにしてしまったことを話し出した。

明らかに焦る祖父だった。

 

九晟は、処刑を実施するならば自分も父のように自ら命を絶つと言い放ち、処刑場に飛び降りた!

そして、メルを焼くために用意していた灯油を自らかぶり、このままメルと心中したっていい、と言うのだった。

 

九晟「メル以外とは絶対結婚しない、メルがいなかったら、皇家の未来はないと思え、わかったか、クソジジイ!

 

その迫力に真っ青になり絶句する九晟の祖父だった。

そして、大声で笑いだしたのが、議長だった。

 

議長は、大笑いしながら、処刑の中止を言い渡した。

「これ以上皇九晟を刺激すると皆さんにも飛び火しますよー」そういうと、群衆たちも確かに…」と口々に言いながら帰っていくのだった。

自分からメルを奪おうとする奴は絶対に許さない

騒ぎが済んだ後、議長は九晟にもう一度、ミミ付きと結婚することは、またこんな目に合うような地獄の結婚生活かもよ?

と言うのだった。

 

九晟は一緒に地獄に落ちてもいい相手だから結婚するのだ、と主張する。

その意志に議長が折れ、ミミ付きに戸籍を発行、そして結婚を認めることを了承するのだった。

(地獄はちょっと…と冷静に言うメルw議長は、また笑い転げる)

 

場面は変わってバスルーム。

メルは九晟の髪を洗ってあげていた。

 

そこで、彰史が多重を捕獲したことをメルに伝えるのだった。

「八つ裂きにしていいよな?」真顔で言う九晟に焦るメルだった。

 

「お前許せるの?」と九晟が言う。

九晟は、祖父だったり、多重だったり自分からメルを奪おうとする奴は絶対に許さない、とメルの胸に顔をうずめる…。

 

そのまま二人、お風呂の中で抱きしめあう。

メルは処刑される寸前、生まれて初めて大勢の前で大声で犯人じゃありません、と叫んだことを話していた。

 

「ご主人様のところに…帰りたかったから…」そう言うメルの目を見て、「メル!」と言い、熱いキスをする九晟…。

そのまま、湯につかったまま二人何度も愛し合うのだった。

 

メルの体に急に香油を塗りだす九晟。

「なんでいきなり?」と驚くメルだった。

 

九晟は「手入れしておかないと」と言う。

明日仕立て屋を呼んで最高のウエディングドレスを作るんだよ、と満足そうに言い、またメルとキスしようとするのだった。

◇感想

あわや、メルちゃん火あぶりに!

とハラハラの回でした。

九晟が助けに来てくれることを信じてはいたけれど、どうやってやめさせるのか、と思ったら自分も死ぬ、とまで主張して止めようとする力技でした。

民衆にもやべー貴族…と呆れられているしw

じいちゃんは、懲りないですね~。

一度は九晟に殺されかけたというのに、この期に及んでメルを処刑しようとするなんて…でも、決死の九晟の行動は、議長の心も動かした、感動の展開でした。

 

彰史は、多重を捕獲し、どうするのか。

ぼたんを殴った警官にも仕返しをしなくちゃいけないし、多重にも罪を償ってもらいたいし…。

晴れてメルの戸籍をGETし、結婚が出来ることになった九晟とメル。

このまま夫婦になることが出来るのか?

まだ新たな困難が待ち受けているのか?続きが気になりますね。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事