【EDENS ZERO】最新話123話ネタバレや感想!12月23日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月23日発売の週刊少年マガジンにて【EDENS ZERO】の123話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

EDENS ZERO】最新話123話ネタバレや感想!12月23日掲載

シキの一撃をジャスティスは容易く無効化!

ジャスティスは星系連盟軍の一員として、宇宙にはびこる悪、つまり銀河六魔将・ジギー・違法航海者を討つのだと言い、シキの身体を張り飛ばします。

 

エデンズゼロは登録されていない船なため、シキたちは違法航海者だと主張するジャスティス。

しかも元の所有者がエルシーということもあり、調べてみようと言い出し…。

 

船には友達しか乗せないとシキは反発しますが、ジャスティスにはまったく歯が立ちません。

そして、シキをここで殺すと宣言

星系六祈将であるジャスティスたちは、特権として例外的に、悪と自己判断した対象を抹殺できると言うのです!

 

シキを処刑すると言いながら、ジャスティスは服装をチェンジ!

そしてシキを一方的に痛めつけていきます。

 

流星乱舞という連撃はシキにとってはあまりにも速く、シキはやられっぱなし。

ジャスティスのエーテルギアは、エルシーと同じ「スタードレイン」で、星のエーテルを吸収して自分の力にするものだと言います!

 

動けなくなったシキに、ジャスティスはいよいよとどめを刺そうとし…七星剣(グランシャリオ)を叩きつけます!

これもすべては魔王の卵を危険視し、排除しようとするジャスティスの正義感によるもので…。

 

その頃ハーミットは、実験を始めようとするミュラー博士に怯えきっていました。

ワイズは止めようとしますが、パルスにより神経を麻痺させられたことで身動きが取れません。

 

しかし、その顔を見てワイズと呼ばれていたことを思い出すと、ミュラー博士は彼がのちの天才ロボット工学者・ワイズ・シュタイナーなのかと驚きます!

ミュラー博士にとってワイズは有名人であり変人扱い。

天才科学者の脳が目の前にあるということで、博士は興味の対象をワイズに変えてしまい…。

 

七星剣を食らっても、まだ意識が残っているシキ。

ジャスティスは天蝎槍(アンタレス)で今度こそとどめを刺そうとしますが…そこにエルシーが乱入!

エルシーは自分のせいでシキが痛めつけられたことを謝り、ジャスティスに煮えたぎる怒りを向けるのでした!

<感想>

ジャスティスとエルシー、すなわちジェラールとエルザの邂逅…!

待望の七星剣の発動も相まってFAIRY TAILファンにはたまらない展開となってきましたね!

エルシーの怒り顔もカッコよく、次回の2人による激戦が待ち遠しいです。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事