【東京卍リベンジャーズ】最新話187話ネタバレや感想!12月23日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月23日発売の週刊少年マガジンにて、【東京卍リベンジャーズ】の187話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

東京卍リベンジャーズ】最新話187話ネタバレや感想!12月23日掲載

川で水切りをして、石を12回跳ねさせてみせる千冬。

しかし一緒にいるタケミチは上の空です。

 

タケミチは稀咲について考え込んでいました。

稀咲はタイムリーパーではなかった。

つまりそれは、稀咲にとってコンティニューのないたった一回きりの人生で、東卍を掌握して大勢の殺人に手を染め、日本の不良のトップに君臨したということ…!

 

ケンカが弱いのに、頭脳と度胸だけを携えて、稀咲はタケミチのような未来の知識もなしにそこまで成り上がったのです。

そのすごさに圧倒されながら語るタケミチと、それでも稀咲は死んで当然の人間だと言う千冬。

 

するとタケミチは突然大声をあげて、川に向かってダイブ!

しばらく潜ったあとで浮上して、千冬と反対の方を向きながら次のように言いました。

 

タケミチにとって稀咲は死ぬほど嫌いで、憎くて仕方のない相手。

絶対好きになれるはずなどない。

それでも稀咲は最期の戦いで、すべてはヒナタのためでタケミチのことはリスペクトしていると、確かに言っていました。

だから、タケミチはもっと稀咲と向き合いたかったと。

 

涙ながらにそう叫ぶタケミチは、今や後の祭りであることを悔しがります。

やるせない気持ちが収まらないタケミチに、見守る千冬も共感できるところがあり…。

どんな悪人であっても、知り合いが死ぬ苦しみに千冬は同意するのでした。

 

それから数日が経ち、夜にタケミチはマイキーに呼び出されます。

2人きりという状況でマイキーは、タケミチがタイムリープしてから今まで何をしてきたのかを聞きたがり…!

<感想>

たとえ何度仲間を苦しめられてヒナタを殺されようとも、稀咲の死に後悔をして涙を流すタケミチの優しさはさすがですね。

確かに何度もタイムリープしようが、稀咲はどの世界線でも、未来を知らない状態から一度のチャンスですべてをモノにしており、その努力と執念は大したものです。

 

しかしマイキーには一体どんな思惑があるのでしょうか?

もしかしたらもう一人のタイムリーパーの心当たりがあるのか、それともマイキー自身もタイムリーパーなのかもしれません。

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事