【ラブ・ミー・ぽんぽこ】最新話28話ネタバレや感想!12月5日掲載分

 

2020年12月5日発売の花とゆめにて、【ラブ・ミー・ぽんぽこ】の28話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【ラブ・ミー・ぽんぽこ】最新話28話ネタバレや感想!12月5日掲載分

化け狸のぽんこは婚活のために人間に化けてたぬ沢としてセレブ学園に通います。

狸の姿の時に学園でも一目置かれる存在の二ノ宮兄弟に助けられて一緒に住むことになり、ある条件のもと、互いに協力することになります。

 

たぬ沢と図書館に閉じ込められて以来、様子のおかしい真と、一に構ってもらえなくて変な気持ちのぽんこです。

 

何年か前の事、拓が自分の本を寄贈しに学校の図書室に来ていました。

司書が友人だったのです。

入れ違いで入って来た理事長は拓とぶつかり、その胸ポケットに拓の呪い紐が引っかかっていたのでした。

 

呪いがかかっている事に気がついたものの、元々持っていたお守りだと思い込みそのままにしてしまいます。

 

そして一年前。

ぽんこは茂みから、他の生徒がたぬ沢の噂話しをしているのを聞きます。

 

ミステリアスで浮世離れしていて話しかけられないし、人と話しているのも見たことがない、と。

ぽんこは人間にバレたらたぬき汁にされる、と怖くてうまく話しかけられずにいて寂しくなっていたのです。

 

もう結婚に拘らずに一人で大儲けする方法を考えて、学校は辞めてしまおうと決めて、たぬ沢の姿で歩き出したところで、一とぶつかります。

謝っても、別に、と不機嫌そうな一に、顔色が悪いから保健室に、と声をかけますが、ほっといて、と行ってしまいます。

 

他の女子達の話で理事長の孫だと知りますが、ぽんこはふらふらの様子だけを心配します。

理事長の元へ行った一は、先に来ていた真から親族との会食を断っている事を責められます。

 

本当に重要なものには参加しているし、婚約だの事業の事などを言われるのがウンザリだ、と答える一に、真は我儘だ、と更に責めます。

体調が悪そうな一を見て理事長が、今日はあの日か、と引き出しから出した物を彼の右手首に結び付けます。

 

それは、拓の呪い紐でした。

通販で買ったヒーリング効果のある紐だ、と説明する理事長に、呆れて一は部屋を出て行きます。

 

真にも気が立っているようだけどあの紐は一つだけだから何か他の物を、と引き出しを探る理事長は、渡したはずの紐が残っている事を不思議に思うのでした。

体調の悪い一は静かな場所を探して旧図書館へ入って行きます。

 

それを見かけたぽんこは気になって、たぬ沢の姿で保健室から看病セットをもらって後を追うのでした。

でも、旧図書館にいたのは、でした。

 

ぽんこは前足に結ばれた紐を見て、誰かの飼い犬でシベリアンハスキーだろう、と考えるのでした。

椅子の上で具合が悪くてズリ落ちそうになっているその犬にブランケットをかけ、頭を自分の膝の上に乗せて撫でてやるぽんこです。

 

途中で意識を取り戻した一は、自分が狼になっている事も気付かず、たぬ沢の事を振り払おうとしますが、宥められ、また目を閉じていきます。

 

自分にはブランケットがかけられ、冷えピタなどの用意が見えているのは、二ノ宮家に近づきたくてやっているのではないのか?なぜ何も言わないのか?と思いながら。

ぽんこは犬と思っている狼を撫でながら、山での暮らしで体調が悪い時は家族に撫でてもらった事を思い出し、結婚に拘らずに一人でお金を儲けていこうという考えを改めていました。

 

やっぱり誰かと一緒がいい、と。

感想

ぽんこと一の出会いは、こうだったのですね。

一は自分の姿に自覚がなく、ぽんこは犬だと思っていた、と。

でも、一の苦しい胸の内をほぐしてくれたのはぽんこだから、上手くいってほしいなあ。

次回が最終回との事で、楽しみです。

 

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事