【ダイヤのA act2】最新話236話ネタバレや感想!12月9日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月9日発売の週刊少年マガジンにて、【ダイヤのA act2】の236話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ダイヤのA act2】最新話236話ネタバレや感想!12月9日掲載

一点を先制されたとは言っても、あと1アウトさえ取れば攻守交替。

ここが勝負所となる沢村ですが…。

対する田原監督は、ファーストのエラーにレフトの送球ミスと、青道に乱れが生まれた今を攻め時と見て、逃すつもりはまったくありません!

 

沢村は、これ以上の失点は許されないというプレッシャーの中で投球します。

ボールは打たれたもののセカンドの春市へ。

ファーストへのスムーズな送球で、スリーアウトを取ることができました。

 

御幸は沢村の投球を讃え、まだ4回というこの場面で熱くなり過ぎないようにと釘を刺します。

しかし、1失点となった悔しさを隠しきれません。

直感的に沢村は、市大三高に先制点を許したくはなかったのです。

 

天久は、しつこさと諦めの悪さにかけて市大三高は東京一であると自負しています。

そして今回で奪った1点を、最後まで守り抜くという自信に満ちあふれており…。

 

打席に立つ春市は、市大三高の思い切った奇策を思い起こしながら、トリッキーな戦略が必要な試合なのだと感じています。

バットを短く持って構え、初球はボール。二球目は当ててレフトへ!

出塁してクリーンナップへと繋ぎました!

 

白州は最初からバントの構え。しかし二球連続でボールとなります。

どうやら天久は珍しく、力んでしまっている様子。

それを見守る真中は、練習を訪ねた時に手を震わせていた天久の姿を思い出していました。

 

三球目もボール。そんな局面で、観客席に真田が姿を現すのでした。

<感想>

先制点を奪われたのは痛いですが、ここは沢村のプレッシャーを減らしてチーム全体でピッチャーを支えるという意味でも取り返して欲しいところ。

そして、敵の脅威ばかり描くのでなく、こういった人間らしい面も丁寧に描写されているのがこの作品のいいところですよね。

真田がどんな思いで試合を見つめているのかも、非常に気になります!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事