【東京卍リベンジャーズ】最新話186話ネタバレや感想!12月9日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年12月9日発売の週刊少年マガジンにて、【東京卍リベンジャーズ】の186話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

東京卍リベンジャーズ】最新話186話ネタバレや感想!12月9日掲載

タケミチたちはエマのお葬式に参列します。

そこにはもちろん東京卍會の幹部たちの姿も。

妹の葬式でありながら、マイキーは涙一つ見せないで、毅然とした態度で喪主を務めていました。

 

髪をおろした姿で焼香をするドラケン。

その後マイキーたちの祖父・万作の前に座って、自分もエマを好きでいたことを話し、土下座をしてエマを守れなかったことを謝罪します。

 

その光景にタケミチは静かに涙をこぼしますが、万作はドラケンの言葉を聞いてエマも浮かばれるだろうと穏やかに微笑み…。

ドラケンは嗚咽を漏らし、つられて他のメンバーたちも涙がこらえきれなくなるのでした。

 

葬式の帰りに、イヌピーはココと会います。

ココは自分の道を行くと、改めてイヌピーに対し決別宣言。

もうイヌピーを支えてやれないから道を間違えないように言います。

今までの感謝の言葉をかけ合って、2人は逆方向へと立ち去っていき…。

 

鶴蝶は、病院を出て一人で児童養護施設に。

かつてイザナと交流を深めたその場所を前に、黙って立ち尽くします。

幼い頃、土を盛って両親の墓を作っていたそこに、鶴蝶はまた土を盛り…そこにイザナのピアスを突き立てて、彼なりにイザナの冥福を祈りました。

 

エマとイザナの殺害事件は、主犯の稀咲と共犯の半間、2名による犯行であると公には処理されました。

稀咲の方は被疑者死亡として片付きましたが、半間の方は…。

 

パトカーのサイレンが鳴り響き、物騒な事件が多いとぼやくラーメン屋の店主に、つまらなくなったとぼやきながら出て行く半間。

彼は事件以降、逃亡を続けていると言います。

一方、独りで海を眺めていたマイキーは、何かを決意した様子で…。

<感想>

改めてエマが死んでしまった事実を突きつけられると、やっぱり悲しいものですね。

あのドラケンが泣く姿もあり、読んでいる方も泣いてしまいそうになりました。

しかしマイキーは一体何を決意したのでしょうか?

もしかしたら東京卍會を解散させて旅に出るとか…?

なにやら危うい雰囲気なのが気になります。

 

おすすめの記事