【仄見える少年】最新話14話ネタバレや感想!11月30日掲載

 

2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプにて、【仄見える少年】の最新話である14話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

仄見える少年】最新話14話ネタバレや感想!11月30日掲載

千手童子の戦いから一週間が経ち、伊織は戦いの反動で一層無気力状態となり、だらけきっています。

斬り落とした千手童子の腕は、本来は消滅するはずなのに残っていました。

それも、子どもの腕だったのに、成人女性ぐらいのサイズでシワシワの腕に変化して。

 

千手童子は人間の身体と同化している、と夜生は断定。

そして、千手童子は次の同化できる身体を探しているとも。

自分たちの戦う相手は、ただの霊怪だけとは限らないと、夜生は忠告しましたが…。

 

そんな話をしていると、長髪の女子が割り込み、伊織に飛びつきました!

彼女は一年生の小町つむじ。

ここ数日伊織を追いかけ回し、積極的に伊織にアタックしています。

 

伊織はまともに相手をしていませんが、つむじは何を言われてもプラス解釈し、手に負えません!

注目されないよう、影を薄くしていても、つむじだけは簡単に伊織を見つけてしまいます。

そしていつも一緒にいる哀別とは付き合っていないことを確認し、安心したつむじは一緒に帰るため、伊織を強引に引きずって行ってしまいました。

 

一人になった教室で、哀別は日課の特訓を始めようとします。

すると霊怪の気配を感じてしまい…!

 

つむじを振り切るため早歩きで下校していた伊織。

哀別から電話を受け、つまんなさそうにするつむじから、また飛びつかれそうになりますが…。

 

伊織は影を操り、その動きを止めました!

伊織は「感知能力が高い奴」が、つむじから霊怪の気配がすると聞いたことを言い…!

<感想>

千手童子のような危険な霊怪と戦った直後から、急につきまとう女子が登場するなんて。

そんなの何か裏があるに決まっていますよね!

哀別が感じた霊怪の気配は、まるで千手童子の手そっくりでしたが…。

つむじはその関係者なのか、あるいは千手童子の新たな姿なのか、別勢力の新たな敵なのか、気になりますね!

おすすめの記事