【森林王者モリキング】最新話30話ネタバレや感想!11月30日掲載

 

2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプにて、【森林王者モリキング】の最新話である30話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます

森林王者モリキング】最新話30話ネタバレや感想!11月30日掲載

二回戦の会場へと進むモリキングたち。

そこは実験施設に使われていたという物々しさで、現れたのはコーカサス

 

世界最強のカブトムシを主張して、最強を証明するため、モリキングに勝負を挑みますが…。

モリキングより先に、王器が戦うと宣言します。

 

力は下の者を守るためにあると考える王器にとって、コーカサスのようなタイプは一番嫌いで、彼は王の器じゃないと言うのです。

野生の虫の戦いに必要となるのは、運と力

 

というわけで、試合内容は「ケツしばきあいポーカー」に決定します!

ルールは、ポーカーで勝負して負けた者がケツをしばかれるというもの。

先に力尽きた者が負けとなります。

 

使える武器は役の強さに代わり、最強はゴボウとのこと。

下半身をパンツ一丁とし、2人の戦いが始まります!

 

コーカサスは脳筋イメージに反し、まったくのポーカーフェイスで手が読めません。

しかし王器は幼虫の頃からの勝負強さで、スリーカードを出しますが…コーカサスはフラッシュ!

いきなり濡れタオルで叩かれてしまいました

 

続いてコーカサスは王の豪運を発揮し、次々に強い役を連発!

王器は圧倒されてしまいますが…桜の涙ながらの応援を聞き、喪失しかかった戦意を取り戻します!

 

立ち上がった王器に、ルリが何やら合図を送りました。

すると王器は羽で風を起こし…コーカサスが仕込んだ、擬態が得意な部下の虫たちの姿を暴きます!

 

これによってコーカサスは、カードの覗き見やすりかえといったイカサマを行っていたのです。

開き直り、フォーカードを出しケツバットをかますコーカサス。

しかし王器にそれは通用しません。

 

背負っているものが多いゆえに負けられないという、勝ちたいだけのコーカサスとは違う格を見せつける、ロイヤルストレートフラッシュを出しました…!

 

武器は使わず、手で直接ぶん殴ると宣言した王器。

コーカサスのケツに紫組奥義・紫桜拳を食らわせて、2回戦に勝利します。

 

そして、王の座をモリキングに託し、エールを送った王器。静かに倒れ、翔子以外のメンバーに涙させるのでした。

<感想>

清々しいほどにバカバカしいですが、同時に王器のカッコよさも炸裂した回でした。

なぜ王器がいつもこんな立ち回りなのか不思議ですが、だからこそオイシイ役どころとも言えるかもしれませんね!

次は愛王の見せ場もあるのかと楽しみにしています。

 

おすすめの記事