【サタノファニ】最新話153話ネタバレや感想!愛した男の技

 

100%の発火により、とうとう友坂を倒すことのできたカチュアたち。

ですが、他のメデューサたちに危機が迫っていることは変わらず…。

 

しゃちょー
まずは一人!

 

2020年11月30日発売のヤングマガジンにて、【サタノファニ】の最新話である153話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元やお得なキャンペーン多数!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【サタノファニ】最新話153話ネタバレや感想!愛した男の技

ミイナへの攻撃をかばってくれたおじさんは、血を流しながら倒れます。

当時、目の前で妻が轢かれ、何もできなかったようです。

今度は助けられた、と苦しそうにしながらも満足そうに笑みを浮かべます。

 

太っているのが幸いしてまだ死ぬことはないものの、治療しなければまずい状況に変わりありません。

ミイナが看病している間、霧子が幹部の男、ダーカと戦うことに。

 

メデューサが人助けなど笑止、と言いながら、霧子に斬りかかるダーカ。

霧子は刃物を軽々と避け、拳で殴りかかろうとするも、顔を斬られてしまいます。

 

自分で階段を踏み外してなんとか致命傷を避けます。

ですが、避けたはずの刃物になぜ当たったのかが理解できません。

 

その刃物は『フンガムンガ』と呼ばれる歪な形をした刃物であり、この形が原因のようです。

中央アフリカ部族の戦士が使っていたものとのこと。

 

元々は双葉真央というメデューサ候補の少女が使っていたものだそうですが、真央は殺されてしまいました。

そして、平成のジャックザリッパーという異名ごとダーカが引き継いだようです。

 

霧子は髪の毛の中からメリケンサックのようなものを取り出し、ボクシングの構えをとります。

そして、二人は激しくぶつかり合うのでした。

愛した男の技

その頃、洋子は発火薬を自身の首に投薬していました。

その異様な雰囲気にゾクリと何かを感じ取るヤン。

 

洋子は谷さんに「やめちまえよ。命令された殺しなんて」と言われたときのことを思い出します。

洋子は「仲間を守るために」自分の意思でヤンを殺すことを決意。

立ち上がり、アメリカ軍隊格闘術の構えをとります。

 

そして、大振りの蹴りをかましてくるヤンの攻撃を避け、自分の背中をヤンにぶつけて吹き飛ばすのでした。

それは、過去に谷が使った『ハオ』という技でした。

感想

今度の敵はあのジャックザリッパー!

見た目は小物な感じがするのですが、その実力は相当なものだと思われます。

霧子も、これまでと違う戦闘スタイルをとっているようですし、二人の戦いが楽しみです。

 

そして、洋子でもなかなか熱い展開が。

愛した敵の男の技を使うとは!

見返してみたらカチュアに対して使っていた技でした。

軍隊格闘術と中国拳法まで。

純粋な戦闘力なら、洋子が頭一つ抜けてそうですね。

 

しゃちょー
愛した男の技を使うとは。これは熱い!

 

 

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元やお得なキャンペーン多数!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事