【お嬢様はお仕置きが好き】最新話20話ネタバレや感想!11月27日掲載分

 

桃の初体験を、忘れられない素晴らしいものにするために、と、桃に理想の初体験のシチュエーションをイメージさせる夏樹。

それは、性にたいしてまったく無知な桃の夢見る初体験を知りたい夏樹の無茶ぶりだったw

悩みに悩んだ末に桃が出した理想!

それは、【上品なまま…めちゃくちゃになって…たくさん泣きたい】。

それを聞いた夏樹は困惑してしまうが、その理想をかなえるためには今のままの体ではダメだよ、そういって、桃の体をさらにエッチに調教していく…というのが、前回までのお話です。

 

2020年11月27日発売の&flower 2020年47号に掲載のお嬢様はお仕置きが好き第20話読んだのでネタバレしていきます。

 

前の話 一覧 次の話

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

単行本をお得に読める裏技を紹介しております。
▼詳細はこちらから▼

【お嬢様はお仕置きが好き】最新話20話ネタバレや感想!11月27日掲載分

森の中、裸のままで

 
森の中で裸のままで縛られた桃。
自分の提案したセックスのテーマが、難しすぎて、面倒だと夏樹に思われていないか不安になっていた。そしてそれを素直に夏樹に尋ねた。
夏樹はにこっとした、「最高だと思うよ」というのだった。
ほっとする桃だったが、また夏樹は今のままの桃の体では、そんな風には出来ないと、さらなる調教が必要と言うのだった。
高望みをしてしまった…と後悔した桃は、早くそういう体になりたい、と体験に前のめりな姿勢を示すのだった
 

縛られたままで

 
森から帰ってきた二人。
今日の宿泊先である馬主のアドラーさんの家に向かう。
桃は体を縛られたまま服を着ていた。
変なところに縄が食い込んだりするので、声が出てしまわないかひやひやしていた。
アドラーさんに気づかれないように、おどおどとふるまう桃だった。
アドラーさんの馬、ビーリーは、桃が幼いころから乗馬しているなじみの馬だった。
アドラーさんには桃の様子が不自然とは気づかれなかったけれど、桃は縛られている自分が乗ったら、ビーリーは痛いんじゃないか、と急に心配になった。
そして、夏樹に、「縛られたまま乗馬をすることが本当に訓練になるんですか?」と真剣に問うのだった。
夏樹は、今の自分にはこのやり方しか思いつかない、ごめんね。と残念そうに言うのだった。
それを見た桃は、夏樹くんをがっかりさせてはいけない、と急に使命を感じ、ビーリーに乗ることを決心するのだった。
服の上から、縄をなぞる夏樹…縛られていることを再度思い出し、赤面する桃だった。
 

乗馬の振動、それは…

 
縛られたまま、ビーリーに乗る桃。
夏樹は後に乗っていた。
馬の振動で、縄が体に当たるため、桃は動くたび声が出てしまい腰が浮いてしまっていた。
桃「こんなのめちゃくちゃです」
夏樹は桃に、本当のセックスは、もっとめちゃめちゃになるんだよ、といい、めちゃくちゃになっても上品にふるまえるようになるようにと言って、さらに桃に振動を感じさせるのだった。
夏樹は桃を後ろから抱きしめて、「この振動を僕からの振動だと思って」とささやくのだった。
夏樹くんからの振動…そう思うと、声がいっそう甘く、エッチなものになる桃だった。
夏樹は桃の様子を見て、満足そうに、さらにビーリーに鞭を打ち、いっそう強い振動をくわえるのだった…。
無理っ、止まって、という桃だったが、夏樹はいっそう強く振動を与え続けるのだった。
 
・・・
 
気づくと、桃は森の中で横たえられていた。
刺激に耐えられず、気を失ってしまったようだった。目が覚めた桃に水を飲む?と聞く夏樹。
桃にごめんね、と言い、つい嬉しくて夢中に…と言いかけたが、とっさに止められなくて、と言い直した。
桃は、夏樹くんからの【振動】を上品に受け止められない自分を情けなく感じていた
そして、このままでは醜態をさらしてしまう、と感じていた。
夏樹は、本当のセックスでは、僕が相手だからと言う。安心させるために言ったのだが、桃は自分がその時に、上品に振舞えるか心配になっていた。
本当の相手は夏樹くん、ビーリーの上では上品にふるまえなかったけど…そう気づいた桃は、夏樹くんを押し倒すのだった。
は、乗馬で得たこの感じを忘れないように…と、夏樹に跨り、乗馬のような動きをしてみたいというのだった!
そして、夏樹くんも乗馬のような動きをしてほしい、と懇願するのだった。
夏樹くんの上に跨って、上品に振舞えるか実際に試してみたい、と。
 
(これは、めちゃくちゃな状況でも理性を保っていれるかという、僕への試練なのか…)
 

感想

 
桃の思考がぶっ飛んでいて、理解できなかったけど、面白かったです!
夏樹がもったいぶってじらしてばかりいるのでw
桃がついに前のめりになってきちゃったように見えます。
じらし、もてあそんでいるようにも見える夏樹の行動でしたが、桃は大まじめで、このエロ調教を、理想の初体験を出来るからだになるための訓練、と受け止めていることに驚いてしまいます。
そして、森の中で見張りをさせられている春一お兄さん、今週は、ちょろっと出てきただけで、ほぼ出番なしでした。
SMグッズどうした?桃が前のめりになってきたのですが、夏樹は理性を保つことができるのか?
崩壊して、桃に襲い掛かってしまうのか?続きが気になりますね!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事