【東京卍リベンジャーズ】最新話185話ネタバレや感想!12月2日掲載

 

2020年12月2日発売の週刊少年マガジンにて、【東京卍リベンジャーズ】の185話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

東京卍リベンジャーズ】最新話185話ネタバレや感想!12月2日掲載

トラックにはねられてしまった稀咲は、苦しんで死にたくないと言い残すも、そのまま絶命しました。

これで東京卍會と天竺の大規模抗争「関東事変」は終結を迎えます

 

ドラケンと戦っていた半間は、勝負を諦めて座り込みました。

ドラケンに対して降参し、「あいつ」はもう今頃逃げきれていると言って。

 

抗争のメイン舞台となった場所に警察がやってきて、ムーチョ、斑目、灰谷兄弟、望月の天竺幹部5人が逮捕されました。

そして死亡者はエマ、イザナ、稀咲の3人。

そんな結末を見届けて、それぞれは帰っていきました。

 

それから数日が経ち、タケミチは入院中の鶴蝶の見舞いに行きます。

自分だけが生き残ってしまったのを悔やむ鶴蝶。

タケミチは鶴蝶を救おうとしたイザナのためにも、そんなことを言わないようたしなめますが…。

 

稀咲も死んだことで、天竺の夢は潰えた。

感傷に浸る鶴蝶ですが、天竺が終わるかどうかは鶴蝶次第だと言うタケミチ。

鶴蝶は顔を窓に向けて表情を見せないものの、その言葉に何かを感じている様子です。

 

しかしタケミチは、稀咲が死んだという言葉の方に、思うところがあるようでした。

ヒナが死ぬ元凶である稀咲が死んだのであれば、これでタケミチの長い戦いは終わったはず。

それにもかかわらず、タケミチは稀咲が死んだ時からずっと、震えが止まらないと言い…!

 

震える手を押さえつけながらも、それが収まらないタケミチ。

これにて「天竺編」は完結を迎えますが、物語は新章へと移ります!

<感想>

稀咲じゃないなら結局誰がタイムリーパ―だったのか、わからずじまい。

さらに半間の指す「あいつ」が誰なのかも意味深です。

普通に考えたら、稀咲がタケミチを振り切ったと思い込んでいるように見えますが…。

 

もしかすると、黒幕は別にいて、半間はその人物のことを言っているのかもしれません。

そうだとしたらもしかするとタケミチの恐ろしいほど身近に、その相手はいるのではないでしょうか!?

 

おすすめの記事