【夜桜さんちの大作戦】最新話61話ネタバレや感想!11月30日掲載

2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプにて、【夜桜さんちの大作戦】の最新話である61話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

夜桜さんちの大作戦】最新話61話ネタバレや感想!11月30日掲載

りんから連絡を受けた太陽は、二週間後に皮下のアジトを襲撃すると知らされます。

ハクジャのGPSデータを解析し、周期的に移動する皮下の拠点から、二週間後ならほぼ確実にいる場所を特定できたようで…。

 

当日に向けて準備を進めるよう言われますが、太陽の後ろにはいつの間にか、六美の祖母・京子が立っており、部屋の掃除をしていました!

夜桜家が忙しくなると聞いて、手伝いに来てくれたとのこと。

そして太陽の引き出しには六美の祖父・万もいました。

 

目にも止まらぬ速さで、とんでもない量の食事を作る京子。

ソメイニンの充電のため、すぐ消化できるよう体質に合わせた料理だと言い、太陽は無茶な量を食べさせられます。

 

次に食後の運動として、太陽は万に広場へと連れ出されました。

2人で草むしりをしながら、ここでよくみんなと訓練したこと、六美の父親・百ともよく稽古したことを聞かされ…。

 

夜桜の入り婿として、万・百・太陽はウマが合ったかもしれないと語る万

百と対等に語り合えるようになるため、強くなろうと言いながら、2人の周りに恐ろしい速さで銃弾を撃ち込みました!

 

ソメイニンにより高められた力は、銃撃の際のあらゆる物理的エネルギーをコントロールし、弾の速さ・重さ・痛みすら操れるというのです。

万の言うそんな恐ろしい弾には、太陽も百と邂逅した時に覚えがありました。

 

百の弾への対策は、その弾に慣れることしかない。

万は死なない程度に弱めた威力で、太陽に銃弾を当てまくり、二週間この稽古を続けると言います。

 

言うまでもなく覚悟を決めた太陽ですが、万は自分の名前にちなんだ「100万発ノック」を開始すると宣言し…!

スパルタ修行を兄弟がモニタリングで見守りつつ、それぞれもまた作戦名「夜桜前線」として、タンポポに立ち向かうための実力を磨き始めるのでした。

<感想>

百の予測不可能な銃弾の謎が、いよいよ明らかになりました!

もちろん弾を見切るだけではなく、他の新技を太陽には身に着けてほしいものですが…どうなるのでしょうか?

修行に臨む兄弟それぞれの表情と光る指輪が頼もしく、どんな成長を見せてくれるのか楽しみです!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事