【東京卍リベンジャーズ】最新話184話ネタバレや感想!11月25日掲載

 

2020年11月25日発売の週刊少年マガジンにて、【東京卍リベンジャーズ】の184話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

東京卍リベンジャーズ】最新話184話ネタバレや感想!11月25日掲載

タケミチと稀咲が対峙していたのと同時刻、ドラケンと半間も一対一の戦いを繰り広げていました。半間はドラケンの強さを認め、血まみれで息を荒くしており…。

その一方で、稀咲に向けて、まさに引き金を引こうとしていたタケミチ。

稀咲さえ殺せば、ヒナタは助かるという思いで、血走った目で見つめながら指に力を込めますが…。

 

しかしそこに、ヒナタとマイキーが駆けつけます!

ヒナタから大声で名前を呼ばれて、驚き一瞬躊躇してしまうタケミチ。

 

稀咲はヒナタの顔を見て大きく動揺し、タケミチは思わず振り返りますが…。

その隙に稀咲は逃走開始!

タケミチはすぐに追いかけて、稀咲の企みが明らかになれば、もう誰からも信用を得られない、野望はもう潰れたのだと諭します。

 

しかし稀咲は何度だってやり直して、いつかヒナタを自分のモノにすると宣言し、諦める素振りを見せません。

それに対してタケミチは、もう二度と稀咲を未来に返すわけにはいかないと言い返します。

 

その言葉に突然足を止め、横断歩道の上で振り返る稀咲。

そしてタケミチ、まだ稀咲をタイムリーパーだと思っているのかと、衝撃発言を告げ…!

 

それに驚くタケミチもまた、立ち止まります。

さらに稀咲は何かを言いかけますが…その瞬間にトラックが突っ込んできて、稀咲ははねられてしまいました!

 

意外すぎる事実とともに、追い詰めた稀咲の末路を目の前にして、ただ呆然とするタケミチ。

これまでの思い込みが覆されてしまい、果たして真相は…?

<感想>

稀咲がタイムリーパ―でなかったという事実が確定!

しかしタイムリープのことを知っているからには、必ず近しい協力者がいるはずで…。

 

現時点で最も怪しいのは半間ですが、一体誰が裏で稀咲を操っているのでしょうか?

絶好のタイミングでタケミチの元に駆けつけたヒナタとマイキーも気になります。

2人はもしかすると、事の真相を既に掴んでいるのかもしれません!

おすすめの記事