【あやかしトライアングル】最新話22話ネタバレや感想!11月21日掲載

 

2020年11月21日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である22話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

あやかしトライアングルの単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

スポンサードリンク




【あやかしトライアングル】最新話22話ネタバレや感想!11月21日掲載

祭里の攻撃により日喰は、徐々に身体を失って消えていきます。

その様子を見ながらすずは、悲しそうに涙をこぼしており…。

シロガネはそれを見て、すずが妖側に立って物事を考えていることを確信しました。

 

そして祭里に抱きつくすず。

丁度その時、ザコを片付けて祭里の援軍に向かう二ノ曲でしたが、抱き合う二人を見つけて何も告げず、涙を流して去っていくのでした。

 

シロガネは、祭里がまた女の身体に戻ってしまうと言います。

“性醒流転“の術を解除するには、かけた時とまったく同じ妖力が必要。

しかし日喰により妖力を食べられてしまった今、解除は不可能となり、永久に作用し続けるしかないのです…!

 

日没頃には術の効力が戻り、二度と男に戻れなくなってしまう。

それを聞いて祭里はすずに、男の時にしかできないことをやっておきたいと、意味深なことを言い…!

 

森に入って服を脱ぎ始める祭里!

すずも恥ずかしがりながら、上着を脱ぎますが…。

祭里が始めたのは滝行でした!

フンドシ一丁でやるのが一番精神集中できるとのこと。

その間、シロガネはすずの煩悩に呆れながらも一つ頼みごとをします。

 

祭里の脳内も、実は煩悩でいっぱいでした。

すずに抱きつかれた時、キスをしたいと思ってしまった祭里

以前は遠い存在でそんなことは思わなかったのに、同性として身近に過ごしたことによって、一人の女の子として見るようになってしまったのです!

 

そんなことを考えていると、祭里はすずに声を掛けられます。

すずはシロガネから、妖の王の代理をするように頼まれたとのこと。

それによって妖界の秩序が守られる上に、妖巫女としての力を引き出すことに繋がるかもしれないからです。

 

すずが妖巫女の本来の力を発揮できれば、シロガネの失った妖力を戻し、祭里を男に戻せるはず。

その決意を聞いた祭里は、すずへの好意を自覚しながら、好きだからこそ引き止めるんじゃなく、手伝うことを申し出るのでした!

 

そんな時にすずは、足を滑らせて祭里のふんどしをずりおろしてしまいます!

その瞬間、祭里の身体は女性化し…。

両方見られてしまったことに、ショックを受ける祭里でした!

<感想>

祭里は恋心を認めて、すずは妖の王になることとなり、ストーリーが大きく進展する回でしたね!

そして、ここにきてお色気もかなりアップしてきていますが…。

新章からはお色気シーンが増えてくるのでは?と期待が高まりますね!

 

あやかしトライアングルの単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

スポンサードリンク




おすすめの記事