【ぼくたちは勉強ができない】最新話183話ネタバレや感想!11月21日掲載

 

2020年11月21日発売の週刊少年ジャンプにて、【ぼくたちは勉強ができない】の最新話である183話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

ぼくたちは勉強ができないの単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

スポンサードリンク




【ぼくたちは勉強ができない】最新話183話ネタバレや感想!11月21日掲載

フィギュアに打ち込むため、学校行事へろくに参加できなかった桐須先生。

珍しく早く上がれた日に、文化祭の後夜祭にギリギリ参加できるかも、と学校へ急ぎますが…!

 

クラスのみんなと一緒に、初めて青春らしい青春を、と駆け出そうとする桐須先生。

しかし、楽しそうなみんなを遠目に、なぜか足が動きません…。

 

桐須先生にとってはフィギュアなんて言い訳で、本当は他人に深く踏み入ることが怖く、人に近づくことができないのです。

 

そんな思い出を打ち明けた桐須先生は、愛し方も愛され方もわからない自分に恋愛なんてできないと、成幸に伝えますが…。

成幸はそれを聞いて、好きな人のことが知れたと嬉しそうにするのでした!

 

それから数週間が経ち、文化祭の準備でにぎわう廊下を歩く桐須先生は、成幸に話しすぎてしまったことを後悔していました。

成幸は女子生徒に裁縫の仕方を教えており、桐須先生はついじっと見てしまいます。

 

成幸が桐須先生に気づくと、荷物運びを手伝い、以前と変わらない様子で接します。

桐須先生も気にしていないフリをしていますが、内心は意識しまくりで…。

 

そして文化祭当日!

成幸と桐須先生は「お助け部」として、いろんな出し物のヘルプを請け負います。

お礼として生徒から大量の差し入れをもらいますが、つい一歩引いてしまう桐須先生に成幸は、受け取るのを手伝ってほしいと言って、一歩踏み出させることに成功します!

 

お腹いっぱい屋台のものを食べた桐須先生に、ひとつクリアと言う成幸。

成幸にとっては、桐須先生がずっと憧れていた文化祭の青春を味わわせることが、この日の目的だったのでした!

<感想>

出し物のお手伝いとして、いろんなコスプレをする桐須先生が可愛くて最高です。

そしてここで一歩踏み出せたシーンはちょっとウルッとしてしまいました。

もはやハッピーエンドに向かって順調に動いている様子ですが、早く桐須先生がトラウマを克服した、幸せそうな顔が見たいものです!

 

僕たちは勉強ができないの単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

スポンサードリンク




おすすめの記事