【キングダム】最新話660話ネタバレ!満羽の過去と悲劇のその先にあるもの

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年11月12日発売のヤングジャンプにて、【キングダム】の最新話である660話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【キングダム】最新話660話ネタバレ!満羽の過去と悲劇のその先にあるもの

什虎軍の本陣にて、捕らえた寿胡王から話を聞くところから始まります。

什虎軍は他とは違う何かがあると言っていた騰の言葉を否定し、自分たちは何も持っておらず、全てを失ったことを話します。

満羽と千斗雲はさらに酷い過去を持っているようです。

 

12年前、満羽と千斗雲はそれぞれ、小国の大将軍であり、楚の侵略に争い続ける小国の英雄でした。

四方を囲まれていたものの、それぞれ二人の活躍により戦に勝ち続けていたとのこと。

ですが、被害も相当なもので、二つの小国は日に日に疲弊していきます。

 

疲弊した国で、満羽は民の精神の支えのような存在でした。

14歳の少年が目を輝かせて、凱旋する満羽に話しかけるなど、人気も相当なもの。

 

ですが、国の王は楚に降ろうとしていました。

ですが、降伏してしまうと、民の半分が奴隷となってしまうため、満羽は再考するよう言い続けます。

千斗雲のいる国との共同戦線を組むという話もでるものの、元々仇敵同士であるため、それは実現しません。

 

満羽は自分が楚の暴威を止める、と話し楚に降ることを認めることはありませんでした。

王や大臣たちと大きな溝ができる中、満羽はそれでも国のために戦い続けます。

 

ですがある日、満羽が遠方から戻ると、国はすでに楚に降伏しており、満羽は帰る場所をなくしてしまうのでした。

 

それでも投降しなかった満羽は、楚軍と戦い続けます。

数十日がすぎた頃、満羽はあるものを目撃。

それは、以前国で話しかけていた少年の死体でした。

満羽は知らないうちに、自身の国の人間を含んだ楚軍と戦っていたのです。

満羽はその事実にしばらく動くことができず、これまでの満羽はそこで死んでしまったのでした。

 

背負っていたものに裏切られる。

千斗雲も同じような境遇にあい、壊れてしまったようです。

そして二人は楚に降伏するのでした。

 

寿胡王も玄右も同じように彷徨っているところ、春申君に什虎城を根城とさせられます。

 

心は壊れても戦は強い。

重要拠点を守らせるにはうってつけだったようで、それが什虎城の正体だったようです。

 

寿胡王は、秦軍が勝てたのは「満羽に変化があったから」だと話します。

寿胡王は、自身は元々筍子という人物の元で学んでいた「儒学者」であることを話します。

 

自身の考えを述べ、「人は愚かだと思う」ことを話す寿胡王。

満羽の悲劇は救われることなく、悲劇のままで終わると思っていたようです。

ですが、蒙武がそれを変えたのだと言います。

 

細かいことはわからないものの、満羽は蒙武に自分と何か通ずるものがあったのではないか、とのこと。

実際、戦いの最中に満羽は蒙武が背負っているものについて話していました。

 

寿胡王は、満羽の悲劇の先に、人の愚かさの先に、何かがあることを願うばかりと話し、会話を終えます。

そして、寿胡王は自身の首を差し出すのでした。

 

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

 

おすすめの記事