シーズンも終盤へ。夏之介は、8月を終えて現在11勝!

アマがき隊大アシストもあり、選手人生最高の成績を収めていた。

一方、元モップスの同僚・パープルシャドウズの則川も11勝を挙げていた。両者、タイトル争いにも期待がかかる・・・

 

絵付きで最新話を無料で読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を読みたい!」

というあなたには31日間の無料期間中に600円分ポイントがもらえる
U-NEXT
という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 U-NEXTの特徴 
    1.  無料で今すぐ漫画を読める! 
    2.  アニメや映画の見放題が充実! 
    3.  電子書籍40%ポイント還元でまとめ買いもお得! 

 

登録も簡単なので、今すぐ最新話を読むことができますよ。

▼31日間無料トライアル実施中!▼

※31日間内に解約しても違約金は一切かかりません

 

Sponsored Link




「グラゼニ パリーグ編」の59話の内容ネタバレや感想!考察や大まかなあらすじも

59話ネタバレ

8月を終わったところで“11勝同士”で並んでいる北海道パープルシャドウズの則川祐一と仙台ゴールデンカップスの凡田夏之介。

この両チームが北海道で対戦する。
9月一発目の先発マウンドに立つのは則川であり、凡田はローテーションの関係で翌日の先発となっており、久々に投げ合いたかったと残念がっている。

この日の仙台ゴールデンカップスの先発は、エースの扇田であり、ここまで12勝6敗、防御率2.99となかなかの結果を残しており、凡田や則川よりも1勝多く勝っている。
凡田は扇田とは1勝差であるが、内容が異なっていると考えている。

 

(凡田の場合)

  • 行っても6回
  • リリーフがいなけりゃ勝ちが付かない中年ピッチャー

 

(扇田の場合)

  • 負け試合でも、7回か8回は行く
  • 完投勝ちも2回(完封1回)
  • 勝ちも負けも自分で決める、試合を支配するピッチャー

 

扇田は、パ・リーグ特有のDH制のメリットを生かし、少しでも長くマウンドにしがみつく姿勢を見せた結果、最終的に勝ちを読み込むことができる、「パ・リーグのパワーピッチャー」であり、今季年棒は5千万である。

則川はマウンドに立ちながら、扇田のモチベーションが、今年最多勝を取って、来年は1億の大台に乗せることであると分析し、自分が最多勝を取るために、直接対決で扇田から“星”を奪い取ると力投を見せる。

 

凡田は則川も「パ・リーグのパワーピッチャー」であると考えており、中年がうまいことやっているだけと感じている。

試合の方は、2回表・仙台ゴールデンカップスの攻撃で6番センター坪内が30号ソロホームランを放ち、1点を先制する。
この坪内と先発の扇田は4年前のドラフトの同期であり、坪内が5位、扇田が6位であるが、今やドラフト下位組がチームの主役に躍り出たのである。

 

先制されたもらった扇田であるが、すぐにソロホームランを打たれて同点にされてしまう。
この両投手の力投は続き、8回を終わり、1−1の同点となっている。
9回のマウンドに上がった則川は見事に0点に抑える。
一方の扇田は、サヨナラソロホームランを打たれてしまう。

この結果、則川と扇田が12勝で並ぶことになり、パープルシャドウズがゴールデンカップスに代わり首位に躍り出る。

 

翌日、凡田が先発すると、6回4失点という内容であったが、その後をアマがき隊が見事に抑え、5−4でゴールデンカップスの勝利となり、首位がまた交代する。

そして、則川、扇田、凡田が12勝で並ぶのであった。

感想や考察

今回の話では、久々に野球の試合が見られて良かったです。
特に、北海道パープルシャドウズと仙台ゴールデンカップスの首位攻防戦に加えて、則川、扇田、凡田が繰り広げる最多勝争いが見ものです。

この首位攻防戦では、則川と扇田が投げ合い、則川が投げ勝ちましたが、則川と凡田が投げ合っていたら、どのような結果になったのかと考えてしまいました。
3人が12勝で並んでおり、この先、誰がどこまで勝ち星を積むことができ、どこが優勝するのかが見ものです。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を無料で読む方法!

  • 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!
  • 無料で漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『U-NEXT』がおすすめです!

 

 

  • 31日間の無料キャンペーン!
  • 無料期間に600円分のポイント付与
  • 電子書籍購入時40%のポイント還元
  • アニメや映画の見放題が充実!

 

31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。

特に、電子書籍購入の際の『40%ポイントバック』が、かなりお得です。

 

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです!

 

また動画の見放題もかなり充実しており「ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。

そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。

 

登録も解約も簡単ですし、無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。

 

▲U-NEXTで電子書籍を楽しむならこちらから▲

本ページの情報は2020年8月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

また、【登録から解約までの流れはこちらをご参考ください。
おすすめの記事