【トーキョーバベル】最新話25話ネタバレや感想!11月4日掲載

 

2020年11月4日発売の週刊少年マガジンにて、【トーキョーバベル】の最新話である25話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

まんが王国公式サイト

▲最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!▲

【トーキョーバベル】最新話25話ネタバレや感想!11月4日掲載

西原が命を落としたリュウを再生させた炎を発動させると、神は遂に覚醒したと歓喜すると共に夢見てきた世界を味わって味わい尽くしてからぶっ壊すと言います。

 

今まで自分は一番有能なのに世界で一番不幸だったからそれくらい許されると神は言うと、西原に早く再生させろと言ったのです。
西原はもし神と同じ力を与えられたら同じ事をするだろうし、世界を味わってほしいけど自分には出来ないと言って神の本体の生命維持装置を外しました。

それによって神の存在が消えかかり、バベルもまた崩れ始めていました。

 

神は中にいるリュウ達は皆命を落とす事になるんだぞと言うも、西原は冷静に神は大勢の命を弄んだんだからその報いを受けろと言いつつ、自分もすぐに逝くと言ったのです。

やがて神は消滅していき、西原は水のないコップをイメージした黒野の姿を思い浮かべて、それを参考に皆のいないバベルをイメージし始め、それによってリュウを始めとしたバベルにいる人間達を外へと転送します。

 

そして優愛の姿を思い浮かべると、ぶっつけ本番で上手くいったかなと呟きつつ、人を再生させた代償を支払うかのように西原は消滅したのです。

バベルは完全に消え去り、リュウ達は無事でしたが西原の姿だけはありませんでした。

 

優愛も眠っている状態で再生しており、ひばりは西原が命と引き換えに復活させたのかと言います。

この事に黒野やひばり達は涙を流すも、リュウは必ず生きていると呟いたのでした。

感想

西原からすればリュウ達や優愛を助けたのでハッピーエンドであり、助けられたリュウ達にとってはバッドエンドのような感じで終わりましたね。

リュウは西原は生きていると言っていましたが、消滅してしまったので生きている可能性は低そうですが、これまで頑張ってきたからもしかしたらの可能性もありそうですね。

 

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事