【パラレルパラダイス】最新話136話ネタバレや感想!誇りを守り切るも…

 

メイとの悲しい別れを終え、戦闘に入るピアノとヨータ。

ヨータは何とか隙をつき、ピアノにキスをすることに成功したのでした。

 

しゃちょー
結局堕ちることになるんかな?

 

2020年11月2日発売のヤングマガジンにて、【パラレルパラダイス】の最新話である136話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【パラレルパラダイス】最新話136話ネタバレや感想!誇りを守り切るも…

ピアノの懐中にナイフがあったから、殺そうと思えば殺せたのではないかとヨータが話すシーンから始まります。

ですが、どうやら理由は違いようで、上位ガーディアンがヨータを逃がしたことを望んでいたかのようだったことやメイを見て涙を流すヨータの姿を見て、ためらったとのこと。

 

ヨータは交尾したいからじゃないのか?と再確認し、ピアノは性欲には負けないことを改めて主張します。

メイに免じて見逃してくれるとのことですが、もう誰の崩月も見たくないからと、ヨータは出ていきません。

 

ヨータは交尾をするように言うも、ピアノは拒否し続けます。

ヨータの言葉に同意するものの、国母の命令に従うのがガーディアンの務めと頑なで、話を聞いてくれません。

 

ヨータはナクタの時と同じような状況に既視感を覚えながら、ある勝負を仕掛けます。

ナクタの時と同じように、10秒間触れてそれでも帰れという余裕があれば帰ると提案。

ピアノも仕方がなく承諾します。

 

キスをしても交尾を拒んだのはナクタとお前だけだと言うと、泣きそうな顔をするピアノ。

ヨータは心の中では「そのナクタはクンニ1秒で落ちたけどな」と思っていたのでした。

 

そして勝負が始まり、ヨータはピアノの口に指を入れ、舌を引っ張り出し、キスをします。

ピアノの股間を触り、膝から崩れ落ちたところに、自分のブツを咥えさせます。

10秒たったものの、ピアノはヨータのを咥えたまま離れようとしません。

 

ヨータは見下しながら、「完全に堕ちたな」と一言。

ですが、「ガーディアンの誇りはどうしたんだ?」という言葉で、ピアノは我に返ります。

そしてヨータのを離したのち、「帰るんだ」と言います。

その言葉に驚くヨータとルーミ。

 

ヨータは潔く帰ろうとします。

去り際、「お前の誇りはナクタ以上かもな」と言うと、気が緩んだようで、急に激しく自慰をし始めました。

ヨータはそのまま去ろうとするも、ピアノが急に呼び止めます。

そして、大きく息切れしながら「交尾して」とせがむところで終わります。

感想

「誇り」という言葉で、何とか意識を取り戻したものの、結局こうなってしまいましたね。

ヨータがまた見下すような顔をするようになっていたのは気がかりです。

また仁科の態度が元に戻ってしまう可能性もあります。

上位ガーディアンが、ヨータを逃がしたことを聞いた時安心していた、などと話していましたが、国母はヨータをどう扱いたいのでしょうか?

国母も本当は崩月という呪いを解きたいのではないでしょうか?

 

これまでの人間は、快楽に負け、男は他人を見下すように、女は快楽に溺れるようになり、呪いを解くには至らなかったのだと思います。

ヨータのように正気を取り戻し、ピアノのように耐えることができる人間(最終的に堕ちましたが)。

その人間が崩月の呪いを解くことにつながるのではないかと、今回の会話で思いました。

 

ヨータはこれまでの男たちの中でも希望を持てるような人物なのかもしれませんね。

 

しゃちょー
ピアノちゃん、黒目と白目逆転するほど激しい自慰を…

 

 

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事