【BUNGO-ブンゴ-】241話ネタバレや感想!

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

まんが王国公式サイト

▲最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!▲

 

ここでは、【BUNGO-ブンゴ-】の237話の内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【BUNGO-ブンゴ-】241話ネタバレや感想!

241話は第十二回リトルシニア全米選手権の決勝を終えた日本代表チームがオヘア空港で帰国する時間を待つシーンから始まります。

 

いまだに決勝戦のワンシーンが頭に残る野田は仲間の呼びかけに対しても冷たくあしらいます。

微妙な空気が流れる中、アメリカチームのマイケル・ウィリアムが見送りに駆け付けます。

 

ウィリアムは日本代表が本当に真摯に野球に取り組み、中には人生をかけているものを知ったことから日本代表の一人一人に感謝をこめて頭を下げ始めます。

 

6連覇おめでとうというウィリアムの言葉とともに決勝戦の最終シーンを野田が回想します。

泳がされながらもバットのトップを走らせるという高等技術を試合中に身に着けた野田の当たりはフェンス直撃のツーベースヒット、試合を決めたのは4番伴野の勝ち越しツーランであった。

 

野田の打席で集中力を出し尽くしてしまったマイケルは球威、キレともに僅かに衰えそこを痛打された形であった。

実質野田が相手投手を崩したと全員が認知していましたが野田自身は会心の当たりがスタンドに届かなかったことに屈辱を感じます。

 

また、プロを目指すために切磋琢磨してきた日本代表の全員が今大会での野田の活躍にライバル心を燃やします。

 

今大会のクリーンナップを打ったメンバー、日本のエース杉浦太陽らは強豪校からの推薦は来ているものの気を引き締めるべく一人一人が今大会の課題について考え始めます。

帰国の飛行機の中では誰一人会話することなく、来る全国大会のために闘志を燃やします。

感想

序盤、野田の異常な悔しがり方から日本代表は決勝戦で敗れたと感じましたが野田の覚醒により6連覇を果たしていたという点は胸が熱くなりました。

今大会は日本代表として集められたメンバーであったため高度な野球の駆け引きが多数みられてとても勉強になりました。

優勝したことに胡坐をかかずまだ高校生である彼らだからこそ明日を見据えすでに自分たちが進むべき道を考え始めているところが代表結成の場面からは考えられないほど成長しており、これからの展開がさらに楽しみになりました。

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

まんが王国公式サイト

▲最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!▲

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事