【MAO】最新話67話ネタバレ!華紋が気に食わないこと

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

まんが王国公式サイト

▲最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!▲

 

2020年10月28日発売の週刊少年サンデーにて、【MAO】の67話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MAO】最新話67話ネタバレ!華紋が気に食わないこと

華紋の心配をする摩緒。

本当に不知火が真砂から五色堂の因果を受け継いでいるのであれば、華紋は殺されてしまうと考えます。

 

意識を失っていた華紋ですが、真砂の幻と口づけを交わすことで、息ができるようになり、意識を取り戻します。

武器に真砂の髪が巻き付いていることに気づく華紋。

真砂が助けてくれたようです。

 

菜花は黒い邪気をゆら子が出しており、入り口から同じ邪気が出ていることから、つながっていることに気づきます。

 

すると本殿の中からも大量の水が。

夏野は中に向かって3枚のお札を投げ込みます。

 

すると水が両断され、摩緒は水から脱出することができました。

すぐに華紋を助けに行こうとすると、華紋は自力で脱出。

 

華紋は不知火に「気に食わない」と話します。

 

五色堂の輪に組み込まれたことで死ねない体になったことは同情できる。

真砂が死んだのは自分との逢引が理由なのは許す。

 

そういったのち、華紋は一気に距離を詰めて、「お前ごときが真砂を呼び捨てにすんじゃねぇ!」と、不知火を殴り飛ばすのでした。

「そこなのか」と冷静に思う摩緒。

 

すると菜花と夏野がやってきました。

建物の中にも黒い邪気があることから、ゆら子(沙那)がここにいることを話す菜花。

 

華紋は、なぜ真砂の髪がここにあるのかを訊くと、不知火の後ろから黒い邪気があふれ出てきました。

そして、その邪気を見て、夏野が沙那が死んだ夜、同じ邪気を鏡で見たというシーンで終わります。

 

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

まんが王国公式サイト

▲最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!▲

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事