【君は008】最新話128話ネタバレや感想!レディ先生の言葉の意味

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

2020年10月21日発売の週刊少年サンデーにて、【君は008】の128話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【君は008】最新話128話ネタバレや感想!レディ先生の言葉の意味

レディ先生との任務を終え、学校に帰ってきたエイトたち。

校長先生に任務の報告を行った後、エイトは『ドグラ・マグラ』とは何なのかを尋ねます。

 

レディ先生も、そろそろ現状を話しておいた方がいいと校長に話をします。

エイトたちはすでに複数回交戦しているため、校長も話すことに。

 

そして校長は『世界はドグラ・マグラの支配下にある』と言います。

予想外の言葉に驚く3人。

エイトは声を荒げます。

 

アイスマン先生も、まはやそう言い切っていい状態だと話します。

世界中の政治や軍事、経済など様々な分野にドグラ・マグラが入り込んでいるとのこと。

 

ドグラ・マグラが初めて確認されたのは、第2次世界大戦。

その高い戦闘力で、たくさんの戦場に現れていたようです。

 

ドグラ・マグラは全員が遺伝情報を操作しており、自身を『新人類』と称し、世界の統治を企んでいるとのこと。

その事実に、『名乗らん』がドグラ・マグラだったんだと改めて再確認するエイト。

 

どのように生まれたのかはわからないものの、すでに世界を飲み込んでいる事実に変わりはないようです。

そしてその目的が『混沌』そのものだということ。

 

校長は、遺伝的に優位になったドグラ・マグラの構成員は『発想力が乏しくなる』と考えているようです。

だから、構成員たちは一般人から『発想力を搾取している』のではないかということ。

 

あやめは以前、ドグラ・マグラの一人から、「お前たちの世界はファームだ」と言われた時のことを話します。

畑を耕すように、世界に混沌をもたらすことで、その苦痛から逃れるために、いろんなものを発想し、創造するとのこと。

そして、生まれた技術はドグラ・マグラが搾取しているようです。

 

エイトはここまでの話を聞き、「これが父さんの戦ってきたものの正体ですか?」と訊きます。

エイトの父008号は「混沌から日常の陽だまりを守る」と、そう言っていつも戦っていたようです。

 

この絶望的な状況に、野原はムリだと言い張ります。

ですが校長は目を光らせ、支配はされているものの、負けてはいないことを話します。

 

そしてアイスマン先生が、エイトと野原の二人にある質問を投げかけます。

それはこの事実を知ったうえで、この先ここで戦うのか、去るのか。

これが最後の分かれ道だと言い、その場は解散となりました。

 

話を終えた後、アイスマン先生は校長にエイトのことを話します。

それは父の008号と似たものを感じること。

ただ、レディ先生は少し違うようで、008号と似たようなものを感じたものの、その中に少し異質なものを感じたことを話すのでした。

 

エイトは野原に、ここで逃げても弱虫だとは思わない、などと話します。

ですが、野原はあやめのハニトラの追試をのぞこうとするのに必死になっていました。

のぞきの準備をしながら、野原は先ほどの話をします。

エイトがすでに戦うと決めていることは確信していたようで、ただエイトについていくまでだと話します。

 

すでに恐怖なんて感情はなかったようです。

それよりものぞきに夢中で、エイトを誘い、二人は一緒にダクトに入っていきます。

 

するとダクトの壁越しに、レディ先生とあやめの声が聞こえてきました。

あやめは、レディ先生が「私と同じ道を歩ませたくない」という言葉の意味を聞いていました。

 

レディは、エイトのことをどう思っているのかを訊きます。

「一緒にいるとほんの少し安心します」と恥ずかしそうに答えるあやめ。

エイトも照れながらその話を盗聴します。

 

するとレディは、エージェントが愛したものには死が忍び寄ることを話します。

だからレディは愛深いゆえに、愛を捨てたとのこと。

 

そして、エイトの父の008号は、『戦いの世界と守るべき愛の両方を貫いた』ことを話します。

その子供のエイトであれば、あやめの孤独を終わらせることができるかもしれないようです。

 

すると野原が穴を見つけ、エイトに伝えます。

エイトはあやめの姿を見せないように、野原を強く押してしまい、二人は落下してしまいます。

 

そこには靴下だけ履いた状態で、ほぼ裸の二人が。

その間に落ちたエイトと野原。

すると、レディ先生が昔の漫画のように、「いや~んエッチ」と体を隠します。

 

エレガントのない『受け』だったものの、それで野原を瞬殺してしまいます。

どうやら野原のレベルに合わせたようです。

 

そのレディ先生の技術に困惑するあやめ。

独創性があってエレガントで、かつ相手に合わせる、などどうすればいいのかわけがわからないようです。

 

困惑するあやめを心配してエイトが声をかけるも、その瞬間、今の状況(裸)に気づいてしまいます。

そして、エイトはあやめに蹴とばされるのでした。

 

かろうじて意識はあったようで、レディは最後にアドバイスを送ります。

 

エージェントは愛を捨てる宿命を負う。

弱いものへの愛は弱点になってしまうから。

 

だからこそ、エイトに「もっと強くなりなさい」と言います。

 

エイトは大きな声で「はい!」と返事をするのでした。

 

そして、3人があらたな訓練を受けようとするシーンで終わります。

感想

ドグラ・マグラの正体が少し判明しました。

まさかすでに世界を掌握されているとは。

すでに敵に世界を征服されているケースはなかなかないですよね。

政治や経済など、国すらも掌握されているということは、この学校にもスパイがいてもおかしくないと思いますが。

『名乗らん』以外にも、あと一人くらいいてもおかしくなさそうです。

 

エイトの父は、エージェントでありながら、普通ならできない両立をしていたんですね。

そんな008号の息子だからこそ、期待の意味を込めて、「強くなりなさい」と言ったのでしょう。

レディ先生も、エイトにはかなり期待しているようですね。

とはいえ、レディ先生の言っていた『異質なもの』というものも気になります。

 

008号は「確固たる日常の力」と言われていましたが、エイトにはまた別の『心の芯』となるものがあるのでしょうか。

父の背中を見てきたからこそ、エイトはさらにその先を行くことができるはずです。

エイトの異質がいい方向に働けばいいですが。

 

しゃちょー
レディ先生とあやめちゃん、相変わらずすごい格好やったな…

ひしょ
エイトの『異質』がかなり気になります。良くないものでなければいいのですが…

 

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事