【MAO】最新話65話ネタバレ!900年前の真砂と不知火の出来事

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

半額クーポンや最大50%ポイント還元も

 

2020年10月15日発売の週刊少年サンデーにて、【MAO】の65話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MAO】最新話65話ネタバレ!900年前の真砂と不知火の出来事

うまく侵入できたものの、黒い邪気阻まれる華紋と摩緒。

邪気を払いながら、それは逃げるまでの時間稼ぎをしているのではないかと考えます。

建物の中に入ると、不知火が座って待ち構えていました。

 

真砂に何をしたのかを尋ねる華紋。

不知火は「まさか真砂の髪が結界を破ってこぼれだすとは」と話します。

どうやら罠を張っていたわけではなかったようです。

 

華紋は、髪を使っておろした魂が生霊ではなかったことを話します。

すると不知火は当然のように、真砂が900年前に死んでいると言います。

 

900年前、不知火は師匠から真砂を家から出ないように監視するように言われます。

ですがその夜、不知火は真砂がどこかへ行こうとするところを発見。

事情を訊くと、五色堂に呼ばれたとのこと。

 

その事実を聞き、「やはり」と思う華紋。

摩緒は、五色堂に呼ばれたのに死んだのかなどと考えます。

 

真砂は、五色堂であったことを不知火に話していました。

摩緒が生贄であることや、他の術者と殺し合えと言われたことなど。

真砂は、そんなことはできないなどと話します。

 

するとその時、真砂の周りに大量の妖が現れ、真砂は殺されてしまいました。

その後、その妖は不知火に近付くも、殺されることはなかったようです。

そうして真砂の代わりに、不知火が五色堂の輪に組み込まれることになりました。

 

不知火は、華紋が当時館にいなかったことから、駆け落ちしようとしていたのではないかと訊きます。

その言葉を聞き、華紋は自分と逃げるつもりだったのかと考えます。

 

何も答えない華紋に、不知火は「真砂が死んだのはお前のせいや」と言うと、話を終え、戦闘態勢に。

周囲を水で満たし、黒い邪気で摩緒を捕まえるところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

半額クーポンや最大50%ポイント還元も

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事