【ラブ・ミー・ぽんぽこ】最新話25話ネタバレや感想!10月5日掲載分

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

化け狸のぽんこは婚活のために人間に化けてたぬ沢としてセレブ学園に通います。

狸の姿の時に学園でも一目置かれる存在の二ノ宮兄弟に助けられて一緒に住むことになり、ある条件のもと、互いに協力することになります。

真と一緒に図書館に閉じ込められてしまったぽんこはタイミング悪く、狸に戻ってしまいます。

【ラブ・ミー・ぽんぽこ】最新話25話ネタバレや感想!10月5日掲載分

空腹で狸に戻ってしまったぽんこは本棚の裏に隠れますが、絶対絶命。

覗かれそうになった時、本棚が倒れてきます。

本に埋もれたぽんこを真が見た時にはたぬ沢の姿に戻っていました。

 

ギリギリのところで、落ちていた拓の紐に化けるのを助ける力があったことを思い出し、棚を倒して真の注意を逸らして手首に巻いたのでした。

頭を打っていて痛がるぽんこのおでこを思わず触ろうとして、自分に動揺する真です。

 

何も気づかないぽんこはその手が冷たくて気持ちいいから、とタンコブに触っていてもらいます。

ハジメが見たら殺される、と思いながらもぽんこのおでこをその手で冷やしてやる真です。

痛みが引いて、出口を心配するぽんこに真は、出口は無いと答えます。

 

最悪でもテン達がぽんこが図書館いることを知っているので、その助けを待つことにします。

ぽんこが、真が図書館にいた理由を尋ねると、狸の本を探していた、とのことでぽんこが返しに来た本も同じ作者の狸の本だと気づきます。

 

わざわざ狸の事を調べているのは、家にいる狸を家族のように思っていて、その子を守る為に知識を得たいのだと真は語ります。

更に、ぽんこに対しては、ハジメに反感を持っていたばかりにたぬ沢を懐疑的な目で見ていた、謝ります。

 

ハジメに対して劣っているとか未熟だとか言う真にぽんこは思わず、いつも真っ先に助けに来てくれるのは真だった、それが嬉しくて安心した、この人は守ってくれる人だって思ったよ、と狸の時のつもりで言ってしまいます。

 

でもその時にチャイムが鳴り、うやむやになります。

助けが来るだろうと言いかけたぽんこは本棚を片付けてないのに気付いて慌てて作業に取り掛かります。

真は手伝う行動も取れずにひたすら顔を赤くしていました。

「俺は、ハジメのようには」

と呟きながら。

感想

まだまだ天然な状態のぽんこですが、真はその気持ちを自覚したのかな?

でも、まだ、ぽんことたぬ沢が同一人物だと知らないですもんね。

どうなるのか、ドキドキです。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事