【矢野准教授の理性と欲情】最新話17話ネタバレや感想!9月18日掲載分

 

【矢野准教授の理性と欲情】の単行本を読むならまんが王国がお得!

半額クーポンや50%ポイント還元も

 

&FLOWER2020年9月18日発売2020年39号に掲載の「矢野准教授の理性と欲情」第17話。

読み終わりましたので、ネタバレしていきます。

超『肉食』女子大生愛子と超真面目でクールな矢野准教授は、秘密の恋人同士。

矢野先生の上をいくほどの真面目カタブツな後輩、諏訪部先生が矢野先生の家に同居するようになった。

諏訪部先生が、シャワーで…しているところを偶然目にしてしまった愛子…秘密を共有しあったことで、親しくなる二人。

そんな二人の関係を矢野先生がかんちがいして…というのが、今までの話。

 

16話ネタバレや感想はこちら!

【矢野准教授の理性と欲情】最新話17話ネタバレや感想!9月18日掲載分

先生に拒絶されて

愛子が諏訪部先生と浮気したと勘違いした矢野先生。

「あなたのことが信じられなくなってしまいました」そういって、拒絶してしまった。

諏訪部先生が、矢野先生の誤解を解くために話そうとしているが、それさえも拒絶されているようだった。

 

諏訪部先生は愛子に、事実を話してもいいと言ってくれるが、そうして二人ではなすことすらも、矢野先生にとっては、二人が逢瀬を重ねているように見えているようだった。

誤解を解きたくて

話を聞いてもらおうと、先生のマンションで待つ愛子。そこに現れたのは…なんと先生の元カノ、みどり先輩。先生の部屋に忘れたパンストを取りに来たという。

「私たちよりが戻ったの!」

と言うが、愛子は信じたくない。言い合いになる二人。みどり先輩が攻撃してきて、つかみ合いになる二人。愛子は顔をけがしてしまった。そこに先生が帰宅した。女同士の言い争いに呆れた矢野先生は、二人に部屋を出ていくようにいうのだった。

 

先生の誤解を解きたいのに、その思いが伝わらないことの悔しさに涙する愛子。泣きながら帰っていく。

彼女は私が幸せにします

翌日、顔にばんそうこうを貼って登校した愛子を、クラスメイト達が心配していた。

「転んだの」と説明する愛子だった。みんな、男からDVでもされたんじゃないの?と口々に噂をしていた。

 

矢野先生に、愛子とは何もなかったと説明しようと、話しかける諏訪部先生だったが、矢野先生は、話すら聞いてくれない。

そんな矢野先生の態度に、ついに、諏訪部先生は、挑発的なセリフを言ってしまうのだった。

「彼女は私が幸せにします」

 

・・・

 

講義がおわり、学校から帰ろうとする愛子。

クラスメイトの向坂くんに、彼氏と何かあったの?と聞かれたが、何も答えない。

その時、愛子のスマホに、諏訪部先生からのLINEメッセージが届いていた。

これからカフェで会えないか、という内容。話がある、と、書いてあった。

 

クラスメイトから、何か食べて帰らない?と誘われるが、愛子は「これから用事あるから、また今度ね」と断るのだった。

諏訪部先生を忘れさせます

その後、向坂は、矢野先生の研究室に行っていた。

立ち入り禁止が見えませんでしたか、と無断で入ってきた向坂に注意する矢野先生だった。

 

愛子が落ち込んでるのは、先生のせいなんだろ、という。

矢野先生は、そんなことは…というが、向坂に、あいつがほかの男とキスしたりそれ以上のことをしても黙って見てられるのか、と挑発される。

思わず、感情を露にしてしまう先生。

向坂「先生、恋愛はがむしゃらにならなかったら負けだよ」

 

・・・

 

その時、愛子は諏訪部先生とカフェで話していた。

愛子は顔の傷は、みどり先輩にやられたことを話していた。

愛子のスマホに矢野先生から着信が!

愛子は、正直に諏訪部先生と駅裏のカフェにいる、と話す。

 

今から行く、という矢野先生。

そのことを諏訪部先生にいう、なんか怒ってるみたいです…とも。

諏訪部先生は「私があんなことを言ったから…」と少し不安そうな表情。

 

そこに、矢野先生が現れた!

「諏訪部先生、返してもらいますよ、いいですね?」

否応なしに、愛子の手を引いてカフェを後にする。

 

そのまま、矢野先生のマンションに連れていかれた愛子。部屋に入るなり、ネクタイを緩め、

「諏訪部先生を忘れさせます」そういって、愛子に激しくキスをする。

諏訪部先生に、どんな風にされたのか、と愛子に言わせようとする。

愛子は、泣きながら、何もされていないこと、矢野先生以外とそんなこと、するわけがないと主張した。

そして、この前矢野先生と愛子が行為をしていた時に、クローゼットに諏訪部先生がいたこと、その後、矢野先生が出かけたときに、そのことを知ってしまったこと、そして偶然、諏訪部先生の一人Hを、目にしてしまったことなどを、やっと正直に話すことができたのだった。

仲直りすることができた二人。

また、お互いが万即するまで何度も何度も愛し合うのだった…。

 

・・・

 

みどり先輩のパンストが先生の部屋にあったこと、それは、酔いつぶれた矢野先生を部屋まで送ってくれたみどり先輩。

矢野先生が吐いてしまって、服が汚れたので、洗濯機と乾燥機を使い、そのときにわすれてしまっただけ、とのこと。

それを聞いて安心する愛子だった。

感想

雨降って地固まる…と、いう感じでしょうか?

なんとか、矢野先生の誤解を解け、愛子が諏訪部先生と浮気したわけじゃないことを説明できました。

矢野先生も、大人の余裕を気取っているわけではないようでしたが、向坂には、愛子の話を聞きもしないくせに、愛子の事を一方的に浮気したと決めつけている先生の態度が目についたようでした。

がむしゃらにならないと、そういわれた事で、先生も無我夢中で愛子に向き合うきになったんでしょう。

諏訪部先生が、矢野先生に「彼女(愛子)は私が幸せにします」なんて挑発するようなことを言ったのも気になりますね。

でも、あまりの矢野先生の情熱に、あきらめた感じなんですかね?個人的には、もっと矢野先生と諏訪部先生での愛子の取り合いが見たかったな、なんて。

結局、ラブラブな二人で終わりました。やっぱり矢野先生と愛子が一番お似合い、としみじみ思いました。また、次回も楽しみです。

 

【矢野准教授の理性と欲情】の単行本を読むならまんが王国がお得!

半額クーポンや50%ポイント還元も
おすすめの記事