【MAO】最新話61話ネタバレ!土門の末路と土の術を教えた女性の正体

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2020年9月16日発売の週刊少年サンデーにて、【MAO】の最新話である61話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

60話ネタバレはこちら!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

 

【MAO】最新話61話ネタバレ!土門の末路と土の術を教えた女性の正体

突然現れた女性が「この付蝶ばらまいたのあんただろう?」と尋ねるシーンから始まります。

マオは何も答えようとしません。

 

すると土門が驚いたように立ち上がり、彼女の元へ。

どうやら土門に土の術を教えた本人のようです。

妻を診てほしいと頼み、女性もそれを了承します。

 

ベッドに横になり、シューと音を出す妻の姿を見て、女性はすぐに「すでに死んでいる」ことに気づきます。

しかも数年前に亡くなっていたようで、マオも薄々気づいていたようです。

旦那(土門)のために頑張っていたようで、女性はそんな彼女を「いじらしい」と言い、首に手を触れます。

 

すると、土門の妻の首が崩れて頭が取れてしまいました。

驚く一同。

土門が妻の名を呼んで駆け寄る中、女性はマオたちを連れてその場を去るのでした。

 

マオはなぜ土門に土薬を与えたのかを訊きます。

菜花は今後土門がどうなるのかと心配すると、女性は土門の末路について話します。

女性の言う通り、妻の首の土に触れてしまった土門は、すでに土となってこの世を去っていたのでした。

 

その後、マオがその女性と出会った時の回想シーンに入ります。

マオは大五に連れられてある場所へ向かいます。

そこにはシカの脚の傷を治療する女の子の姿が。

この女の子が、土門に土の術を教えた女性『夏野』でした。

 

大五いわく、夏野の土薬はどんな傷でも治してしまうとのこと。

土の術者たちは館でも実力者ぞろいだったものの、夏野は大五に並ぶほどの実力を有していたのでした。

 

回想が終わり、「あなたが五色堂に呼ばれたのですね」とマオが訊きます。

夏野はその言葉を肯定し、大五は普通に修業していれば自分より優れていただろう、などと話します。

その言葉を聞き、マオは「夏野さまも気づいていたのですか」と言います。

 

当時、大五は沙那と密会していました。

二人はバレないように会っていたものの、何人かは気づいていたようです。

 

夏野は当時マオが沙那のことを好きだったことを話します。

二人の密会を告げ口したのかを訊くと、マオは大五は自分にとって大切な方だったこと、何事もなく二人が結ばれたならこれ以上の喜びはないと思っていたことを話します。

夏野はマオの言葉を信じることにして、その場を後にします。

 

菜花はマオに、大五がどうなったのかを訊きます。

すると、兄弟子たちが五色堂に呼ばれた後、実力者の兄弟子たちが怪死した事件のことを話し始めるマオ。

その最初の犠牲者が大五であることを話すところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

おすすめの記事