【MAO】最新話60話ネタバレ!土門に土の術を教えたのは

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

2020年9月9日発売の週刊少年サンデーにて、【MAO】の最新話である60話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【MAO】最新話60話ネタバレ!土門に土の術を教えたのは

素人の調合

土門の元に母と子供が訪ねてくるところから始まります。

子供の足が擦り傷の怪我をしているようで、土門はタダで薬を塗ってあげます。

貧乏な人の多いこの地域では、タダで治療してくれる土門のことを「神様みたいな人」と言う人ばかりのようです。

 

その後、土門に足を治してもらった子供が遊んでいるところに、マオたちが遭遇します。

するとその子供の足が急に動かなくなってしまいます。

 

マオが傷を診ると、『土が肌を喰っている』状態でした。

呪符をその部分につけるとすぐに蒸発してなくなってしまいます。

マオは大量の呪符を使い、なんとか瘴毒を取り除くことかできました。

取り出した土薬を見て、マオは「まるで素人の調合」と思います。

土の術を学んだ経緯

マオたちは急いで土門の元へ。

土門を見て、土の術者の中にこんな人はいなかったと考えます。

マオが誰に教わったのかを尋ねると、土門は「あの人を知っているのか?」と逆に尋ねてきました。

 

すると奥から八重と言う土門の妻がでてきました。

土門と違い、随分と若い容姿ですが、顔はやつれたようで長いこと具合が悪いようです。

マオは自身が陰陽師であることを伝え、容態を見ることに。

 

土門は土の術を教えてもらった経緯を話しはじめます。

30年前、妻が襲われて絶体絶命だった際、通りかかった人に傷を治してもらったそうです。

その際、練った土のようなものを傷に塗り込み、数日後には妻は完全に回復していました。

 

そして助けてくれた人は薬を置いていき、土の選び方や練り方も教えてくれたようです。

ですが、土門の手ではうまく調合することができず、土の効き目を患者で試していたとのこと。

ここ数年、妻の調子は悪くなる一方で、土の薬も最初は効くものの、何日か経つと効果がなくなってしまったようです。

 

マオは患者が土に喰われて亡くなってしまったこと、とても罪深いことだと言います。

改めて、誰に教わったのかを訊こうとすると、家の中に一人の女性が入ってきます。

マオに声をかけるその女性は、どうやらマオと知り合いのようでした。

 

最新話掲載の週刊少年サンデーを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

 

 

おすすめの記事