【パラレルパラダイス】最新話131話ネタバレや感想!情通の輪が出る条件とは

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2020年9月19日発売のヤングマガジンにて、【パラレルパラダイス】の最新話である131話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

130話 一覧 132話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【パラレルパラダイス】最新話131話ネタバレや感想!情通の輪が出る条件とは

メイとの交尾中、仁科が部屋に入ってくるところから始まります。

これまでにない怒りをあらわにしながら、「あなたも同じなのね」「死ねばいい」などと言います。

記憶は戻っていないものの、女をモノのように扱う男を憎んでいることは覚えているようです。

 

仁科が出て行ったあと、イライラしながら舌打ちするヨータ。

ですが、その苛立ちに反して、仁科がいてくれてよかったと一人呟くのでした。

 

朝になり、メイが目覚め、ルーミはヨータを呼びます。

するとヨータは酷いことをしすぎた、と土下座をしながら謝ります。

メイは特に怒っておらず、むしろ崩月から解放されたことに安心しているようです。

 

ですが、メイの首には情通の輪が出ていませんでした。

そのことについて話し、首輪が出なかったのはこれまで3人しかいなかったこと、まだ崩月で死ぬ可能性が高いことを伝えます。

 

ヨータの言葉を聞き、表情が変わるメイ。

謝り続けるヨータの顔面を吹き飛ばし、「許さない」と言いながらながら続けます。

なんでもするとヨータが謝るも、メイの手が止まることはありませんでした。

 

その頃、なかなか帰ってこないメイをピアノが心配していました。

同じガーディアンのロミーが、男に襲われた可能性があることを話します。

ピアノはメイの性格を考えると、その可能性が頭から離れません。

 

ロミーが『男に襲われた可能性は100%』などとロボット風の口調で予想していると、部屋にメイが入ってきました。

ピアノは首に情通の輪がないことに安堵してロミーを睨みつけます。

バツが悪そうな顔をしているロミーを叩くピアノ。

 

痛がっているロミーを尻目に、ピアノは何をしていたのかを尋ねます。

するとメイは正直に『男と交尾していた』ことを話します。

絶望した表情を浮かべるピアノ。

ロミーが目を輝かして「予知大正解!」と言うところで終わります。

感想

どんどん変わっていくヨータでしたが、仁科のおかげか何とか元のヨータに戻ることができました。

とはいえ、この生活を続けているとまた堕落していく可能性はありますが。

仁科の「あなたも」という言葉も気になります。

仁科はどれだけの堕落していく男たちを見てきたのでしょうか。

嫉妬深い神となるほどですから、そのきっかけとなる事件があったはずです。

魔女との交渉もうまくいっていませんし、この辺がわかるのはまだまだ先となりそうです。

 

そして、ピアノに輪が出なかったこと。

その条件は自慰したことがあるか、ないかなのでしょうか。

触られた瞬間にしてましたし、軽くイってしまい、条件が満たされたのかも。

正直に話したところで、メイが殺されることに変わりはなさそうですし、どうなるのか。

次も楽しみです。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事