【キングダム】最新話651話ネタバレや感想!什虎に集まる援軍

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年8月27日発売のヤングジャンプにて、【キングダム】の最新話である651話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

650話ネタバレや感想はこちら!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【キングダム】最新話651話ネタバレや感想!什虎に集まる援軍

 

勢いづく蒙武軍ですが、什虎の城主である総大将の満羽がその勢いを止めるところから始まります。

総大将が直々に出てきたことに驚くも、蒙武軍の兵士たちはすぐさま満羽に向かっていきます。

 

ですが、矛の二振りでたくさんの兵士たちを真っ二つに。

馬まで簡単に両断され、蒙武軍の兵士たちは少しひるんでしまいます。

何とか奮起して戦おうとするも、さらにやってきた満羽の近衛兵団のせいで、さらに被害が広がってしまいます。

 

満羽は合図を待つことなく出ていったようで、蒙武が戦いつかれる前に戦いたかったようです。

味方が急激に減った満羽の方を見て、何かを感じ取る蒙武。

満羽はすぐに向かおうとせず、ひとまず体を温めることに。

ですが、遠目で見ても危険と判断した蒙武は、100騎連れて方向転換するのでした。

 

蒙武軍本陣でも、蒙武が向きを変えたことに気づいていました。

本来、左右の軍の挟撃に合う前に前方突破し、敵本陣を討つ予定でしたが、それをやめてまでの敵がいるのかと考える蒙毅。

ですが、什虎軍の左右の軍が挟み込みに来ないことに疑問を感じます。

中央の軍だけで蒙武を討てると考えているのかと思うのでした。

 

その頃、什虎左翼にいる千斗雲は、うずうずしながら合図を待っていました。

満羽が出たことに焦りを感じ始める千斗雲。

そしてとうとうしびれを切らしてしまい、勝手に合図を聞こえたことにして出陣してしまうのでした。

 

満羽と千斗雲の勝手な行動の報告が入る什虎本陣。

部下から左右を動かすかどうか尋ねられる寿胡王ですが、左奥から何かが来ることを感じ取り、軍は動かしません。

 

やってきたのは2万の騰軍の援軍でした。

蒙毅は当初、昌平君から騰本人は援軍に来ないと聞いていたようです。

これは什虎の戦いが相当厳しくなるのではないかと騰が判断したのではないかと考えます。

 

遠目に什虎軍を見て状況を把握する騰と録鳴未。

 

  • 什虎の4人の将軍は楚に吸収された国々の大将軍である
  • 楚に義がないから大戦には出てこない
  • ここから見る分でも相当やるのはわかる
  • あと倍は必要だったが、これが今動かせる限界

 

などと話す二人。

冗談を交えながら話を終え、騰は軍を動かし始めます。

 

その様子を見て、『正直足りない』と考える蒙毅。

やはり魏からの援軍は必要不可欠とのこと。

 

そんな時さらに何かがやってきました。

現れたのは、干将莫邪の剣を持つ項翼と弓の名手白麗率いる3万の楚軍でした。

感想

やはり直接討って出てきましたね。

満羽も千斗雲も出てきてしまい、蒙武軍はさっそく作戦を変更するほど追い込まれます。

満羽との直接対決をしてみないとわかりませんが、蒙武以上の体格とは。

これは一対一でも、簡単には勝負はつかなそうです。

 

騰の援軍は来てくれましたが、楚にもそれ以上の援軍が来てしまいました。

当時、信たちといざこざがあったあの項翼と白麗が来るとは。

二人も当然のように将軍になっていました。

項翼に関しては、騰と多少の因縁はあるのでしょうし、ここでリベンジとなりそうです。

 

項翼もそうですが、それ以上に白麗がやばそうです。

当時でも中華の十弓に匹敵するほどの腕でしたし、今はこの戦場で一番危険と考えてもおかしくなさそう。

大将軍すらも射抜いてしまうような、予想外の動きをしそうな予感がします。

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

 

おすすめの記事