ひかる物語【2019年34号】ネタバレや感想!8月9日発売分

&フラワー2019年8月9日発売の34号に掲載の「ひかる物語~非モテOLが異世界にタイムスリップしたらこの世の春が来ました~」のあらすじ、ネタバレを紹介します。

いわゆるおかめ顏のアラサーOLひかる。現代では非モテですが、異世界、過去の日本にタイムスリップしたらそこでは絶世の美女扱い!次々とひかるに求婚やアプローチを受けるが、非モテだったために、どうしていいかわからない、という話。前回「おしおきじゃ」と告げた茜里くん。ひかるをどこかに連れて行きます。どこで、どんなおしおきが待っているのか…。というところで終わっていました。

ひかる物語【2019年34号】ネタバレや感想!8月9日発売分

内容ネタバレ

ひかるを連れてきた先は、お風呂でした。

茜里くん「今日は特別な日だからな 湯浴みを行う」
(なんだ…おしおきなんて脅かしてたけど やっぱり茜里くん やさしー)

しゅしゅっと、茜里くんの着物がおつきの者に脱がされていきます。てっきり自分が入浴するのかと思ったひかるは、その場にいたのですが、茜里くんが入浴するのなら、と、慌てて出て行こうとします。

 

「ひかるの君も一緒に入るのだぞ」と言う茜里くん。

おつきの者たちを下がらせます。
恥ずかしすぎると一緒に入るのを拒否するひかるでしたが、茜里くんは

「だからおしおきなのだろう?」

と、笑って言い烏帽子をとって髪をほどきはじめました。髪をほどいた茜里くんに見惚れたひかる、茜里くんと一緒に湯舟につかります。

ひかるの背後から抱きしめるように入浴する茜里くん。
浴室が明るいので、体が全部見えてしまい、ひかるは真っ赤になってしまいます。

ひかる

「ぜんぶ…はじめての経験なの…だから…ゆっくりお願い」

はずかしがるひかるを見てほほ笑む茜里くん。
茜里くん

「わたしだって人前で烏帽子をとるのはそなたがはじめてなのだぞ?」

と言います。

茜里くんが言うには、烏帽子を取るのは下半身を晒すより恥ずかしいことなのだそうです。
(わたしにだけしてくれたってこと…)

 

茜里くんは、誰になんと言われようとも、出会ったときからひかるへの思いは露ほどもかわりはしない、と言います。優しくそっとひかるの胸に触れ、首筋に唇を寄せます。

茜里くんにとって、ひかるが手の中にいるのに、なぜか、泡となってきえてしまいそうに思えてしまうと言います。
そっとひかるの唇にくちづける茜里くん。ひかるを優しく抱きしめながら目を瞑ります。不安になっている茜里くんの気持ちを感じ、こんな時、どうすればいいのか悩むひかるなのでした。

そのころ、ひかるを強引にでも自分のものにしたい京さまは、陰陽師と和泉の上と、茜里くんとひかるを別れさせるための作戦を練っていました。

和泉の上と茜里くんに、陰陽師が星回りのせいにして、本来の三日三晩の契りを先に済まさせる事を考えていました。
和泉の上は、茜里の気持ちがひかるにしか向いていないことを知っていたので、それは悪手だと感じていました。

和泉の上は、「茜里さまをふりむかせることなど…」と諦めかけていました。

京さま「他に手はないのか?」
陰陽師は、星が示すには「ひかるの君は、この世の者ではない=妖(あやかし)」である以上、茜里さまとひかるは離れさせなくてはならないと感じていました。

和泉の上は、妖(あやかし)知ってなお、ひかるの君と一緒におられる茜里を、ひかるから引き離すことなどできるのか?と陰陽師に問います。

ふところから数珠を取り出し、空中で振り回す陰陽師、なにか閃いたようです。

そのとき、不思議な風が吹き、京さまと和泉の上は驚きます。

 

陰陽師「天は私に味方しておいでだ。茜里さまは難しくともひかるの君はどうでしょうね?」

 

その頃、風呂で茜里くんは、ひかるをお姫様抱っこしながら体中にキスしていました。
待って、と茜里を止めながら、聞いて、と言うひかる。

「茜里くんが好きです」改まって言います。茜里くんが不安にならなくてすむか考えた結果、こう、言うことにきめたのでした。

茜里くん「ならば、ひかるの君から口づけが欲しい」
自分の唇を指さしながら言います。驚いて湯に沈みかけるひかる…。それを見て「まだゆっくりがいいのか?」と不安そうな表情をする茜里くん。

この先に行くならわたしも一緒だぞ?と優しく手を差し伸べます。勇気を出して、自分から口づけるひかる。

(ぜんぶはじめてだから はじめてを経験するのは 全部茜里くんがいい)

そう思いながら、口づけしながら、もう一度「す、き」と茜里くんに伝えるひかるなのでした。

【感想】

非モテおかめ顔OLのひかる。
タイムスリップした先では、美女の扱い…なのですが、それにしても、ひかる以外がみんな端正な顔立ちなだけに、ひかるの顔がよりいっそうひきたちますねぇ。それが面白いんですけどね。

 

おしおき、と言いながら、やさしく風呂でひかるに触れる茜里の君。なんて素敵なんでしょう。
そして烏帽子を取った姿を見せることは、下半身を晒すよりも恥ずかしいって現代の感覚だと、どんな感じ何でしょうね?人前でカツラ外すとか?
ひかるがこの世の者でない、と知っていても、ひかるから離れられないほど好きでいてくれるのは、ひかるにとっても嬉しいことだけれど、何せ非モテ歴が長いために、どうしていいか分からず不安になるひかる。

でも優しい茜里に応え勇気を出してはじめてを経験することに!

陰陽師は何を思いついたのか、ひかると茜里さまを別れさせるのに、ひかるの方が茜里さまから離れたくなるように仕向ける作戦でしょうか?

でも、ラブラブ中の二人には、一筋縄ではいかないと思いますが…。どうなっていくのか、続きが気になりますね。

おすすめの記事