2020年8月7日発売の「&FLOWER」2020年33号にて、バイトメーカー~王様のΩ〜の最新話である19話が掲載されました。

のえるがΩ(絶滅危惧種の究極の性)であることに気が付き始めていた幸村。

それをのえるに直接問う。

皆の前で堂々とΩであることを宣言したのえる。

それを聞き、Ωに本能でひかれてしまうαである3人の心は揺れ動く…というのが前回までの話。

【バイトメーカー~王様のΩ〜】最新話19話ネタバレや感想!8月7日掲載分

・私はあなたの子宮(道具)ではない!

信長は、のえるがΩであることを、わざわざみんなの前で言った事を苦々しく思っていた。

自分だけがのえるがΩであることに気づき、ずっとαに擬態させていたから…それというのも、のえるを手放したくないから。

 

ただ、幸村ものえるの事を運命の番、と感じていると宣言する。

秀吉は逆にのえるに恋をしている、と過去には感じていたが、のえるがΩであることを知ると、運命の人は、のえるではない、となぜか本能で感じてしまっていた。

 

何故、全員の前でそれを言った?と問う信長に、毅然とした態度で

「私はあなたの子宮(と書いて【道具】と読ませる。)じゃないわ!」

そう言い放つのえるだった。

 

3人とも、言葉を失っていた。そこで幸村が、信長にのえるは運命の番、と主張し、自分の元に来てもらうよ、と宣言するのだった。

秀吉は幸村をおさえ、のえるがΩであることは口外法度だ、と言う。

 

のえるに自分のところに戻るように言う信長、眼帯をして、自分の眼の能力は封印していた。

のえるをまっすぐと見つめ、戻ってくるように言う。冗談じゃない、と拒否するのえる。信長は「のえるが好きだ」とストレートに言った。

 

驚いたように黙り込むのえる、その肩をつかみ、自分の胸に抱きしめ、のえるに恋をしている、と言うのだった。

幸村が二人を引き離した。そこに、会議の長さにしびれを切らしたランたちが乱入してきた!信長に久しぶりに会えて歓喜の涙…「王の帰還!急遽パーティーを開催するわよ」と、言い出した。

・プライベートジェットで沖縄へ…

舞台は変わって、沖縄のヴィラのプールサイド。

先発隊の幸村兄弟がのえるをもてなしてくれた。

パーティをするために、沖縄へ。

 

プライベートジェットや貸し切りのヴィラでのパーティーなど、セレブの生活に、まだ慣れないのえるだった。

ホテルの部屋でランに、海を見に行きたい、と言った。ランはプールがあるのに!?とわざわざ海に行く気は無いようだった。

 

ランが、のえるに、ホテルのクローゼットにグ〇チのドレスやアクセ一式が用意してあった。

ランは、秀吉にしては、やるわねと言っていた。さっそく着てみなさい、とランに言われ、着替えを始めるのえる。

 

ドレスなんて着たことがない、と言うのえるの着替えを手伝うラン(ランは男子なのでは?)ドレスについた、瓶に気づいたラン、この瓶は信長が大切にしていた金平糖の瓶だと言った。

それで、この素敵なドレスやアクセ、ハイヒールなど一式が信長からの贈り物であることを知った。

 

悔しがるラン、ランが言うには信長はいつものえるの事を気にかけ、守っているように見える、と言った。

ラン「宝物みたいに」
のえる「…返してくるわ」

そう言って、ドレスのまま外へ、信長を探しに行くのだった。

・のえるが好きだ

のえるは、信長の気持ちを知りたい、と思いながら、走っていた。

ハイヒールが邪魔で走れない。ナンパされそうになってしまう…そこに、たまたま現れたのが、信長だった。

ナンパしてきた男たちを追い払ってくれた。のえるは、信長が自分のことを宝物のように大切にしてくれている、という事を感じていた。

よく似合う、とドレス姿を褒める信長に、「返すわ」とつれない態度ののえる。

じゃあ、すぐに脱げ、と意地悪を言う信長だったが、実際にのえるが脱ごうとすると、止めさせるのだった。

そして、海が見たいんだろう?とビーチに誘う。

 

・・・

 

そのころ、秀吉はプールで泳いでいた。

秀吉に、水泳勝負を挑む幸村。勝負で勝ったら、のえるを従者にしていい?と聞くのだった。「頭を冷やせ」と、冷たく言う秀吉。

運命の番なのに、離れていられる方が変だろ、と言う幸村だった。秀吉は、のえるが、幸村に対して分別のある行動をとっている、と言いながら、ゴーグルを外し、いつものメガネをかけるのだった。

 

「…Ωのことは、まだわからないことばかりだから 気づかない運命があるのかもな」

 

・・・

 

ビーチに来た信長とのえる。のえるはきれいな海に感動したようで、浅い海に歩いて入って行った。

どこまでも広い海…きれいな海の水を思わず口にしてしまう。あまりの塩っぱさにむせそうになる。

 

「大丈夫か?」そういいながら、信長も海に入って行った。しょっぱさからむせるのえるに金平糖を食べさせる。

例の金平糖瓶に入っていた金平糖だった。お前にやったものだ、と瓶をのえるにまた渡すのだった。もらえない、と返そうとするのえるだった。

少し悲しそうに俺の一番いい記憶…一番大事なものだからのえるに渡したかった…と言う信長。

 

のえるは金平糖の色が、信長の目の色と同じ、と気づいてそう言った。

「悪いか…」といつになく顔を赤らめて照れ臭そうな信長、「あと、星だ」と言った。くすっと笑うのえる。「キレイな星だね」そう言った。

金平糖瓶をみると、キラッと何か輝いていた。イヤーカフだった。

 

顔を赤らめながら、優しくのえるを包み込むように抱きしめる信長。

「のえる、この気持ちがわかった。もう一度言う。のえるが好きだ。」

◇感想

いつもオラオラの俺様、信長の可愛い面が良く表れていたストーリーでした。

αの中でも特に選ばれたものたちである、ナンバーズにとって、Ωは運命の相手。

その感じ方は三人とも違うということがのえるがΩだと知った反応でわかった気がします。

 

幸村は、運命の番として、のえると離れたくない、一緒にいたいという感情に囚われているようでした。

これは執着に感じてしまう…ただ、幸村は、元βだっただけあって、計算もありそうですし、分別もある気がするので、見境ないことはしなさそう。

 

秀吉は、のえるがΩと知っても、Ωとして魅かれるという感覚は感じていなさそう。ううーん、一番恋する乙女だった気がするんですが、車いすの少女に出会ったりして変わったようです。

そして、信長。いつも俺の子を孕ませる、と激しい事を口にしていたのですが、自分が今のえるに抱いている感情が「恋」であると気づいてからは、のえるの事が愛しくてたまらない様子…そんな姿がキュンとしてしまいました。

のえるがΩとわかって、ナンバーズの3人との関係はこれからどうなっていくのか?…続きが楽しみですね。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大50%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大50%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大50%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事