【茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷】最新話7話ネタバレや感想!7月3日掲載分

 

【茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷】の単行本を読むならまんが王国がお得!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

幼なじみの茉莉花に、ひとりHを見られて以来、そっけない振りばかりしているユウくん。

茉莉花はゆうくんの気を惹こうと、ドSに振舞うが実は…強気に攻められると弱いドM。

素直になれない二人の駆け引きが、エロ面白いこのマンガ。読み終わりましたのでネタバレしていきます。

【茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷】最新話7話ネタバレや感想!7月3日掲載分

・ユウくんの意外な反応!両想い!?

風邪が治って出社してきたユウくん。同僚に、体調を尋ねられて、回復したと話していた。

茉莉花は、あの時のことを思い出し、恥ずかしくて、顔を直接見ることが出来ず、物陰からこっそりと見ていた。

その時、ふとユウくんと茉莉花の目が偶然に合った!

 

目が合っただけで、見てわかるほど赤面するユウくんだった!必死に物陰に隠れ、興奮を抑えようとする茉莉花だった…こんな反応をするなんて、もう両想いだってこと?

ユウくんが仕事に戻ると、男性の同僚が、「休みの間に園見さん(茉莉花のこと)家にきたでしょ?」と言う。

「は?」同僚は、『恋のアシスト』のつもりで、茉莉花に住所を教えた、という。

ユウくんは怒って「タバコ行きましょ!」と、同僚を誘って外に行こうとする…(お前が犯人か!)

ユウくんは、自分が茉莉花の前でいつまでも『優しいお兄ちゃん』で居る事に無理を感じていて、茉莉花から遠ざかろうとしていたのだった。茉莉花を汚しちゃいけない…。

 

・・・

 

茉莉花は、友人に、ユウくんとの間に起こった出来事を話していた。
(素股で上になって…など、かなり具体的なコトまで!)

 

手ごたえは感じるけれど、ユウくんに照れられるとどうしていいかわからない…と相談する。

友達は、そのまま攻め落とせば?と簡単に言う。

茉莉花「正直、女王様の真似するの疲れてきた…」

友達も茉莉花のキャラじゃないもんね…と言っていた。

(普通に自分から好きっていえばいいのに…と思っていた。)茉莉花はユウくんに、好きって言わせたい事で頭がいっぱいだった。

 

そこで、茉莉花は、(なぜか?)女王様のDVDで見た『奇襲』を思い出していた。

これなら、できるかもしれない!と。前回、家に押し掛けたときに、スペアキーを手に入れた、と得意げに言うのだった…(普通に犯罪では?)

・茉莉花の奇襲!夜這いならぬ朝這い

翌朝、さっそくユウくんの家に、夜這いならぬ朝這いをする茉莉花。

上半身裸のまま、枕を抱いて無防備な姿で眠るユウくんの姿をみて、興奮する!こっそりとスマホで写真を撮ったり。

 

そうこうしていると、気配を感じたのかユウくんが起きてきた。

茉莉花を見て驚く。奇襲で本音を聞き出すはずが…と焦りながら、ベッドに入り込み、ユウくんの顔を覗き込みながら、「茉莉花の事好き?」と聞くのだった。

ユウくんは、茉莉花の胸元から見える胸の谷間に目が釘付けだったw。

 

溜息をつきながら、茉莉花にどうやって入って来たのかを尋ねる。

この前家に来た時に、スペアキーを…と、ぼそぼそと話す茉莉花に

「いい加減にしろよ!」と強い口調でいうユウくん。

ユウくんのなかに、思い知らせてやる、という気持ちが沸き上がり、茉莉花の服に手を入れる。胸に触りながら茉莉花の事をにらみつける。

 

茉莉花は、その鋭い視線に、ユウくんが怒っていることはわかっているが、ユウくんに触られることに快感を強く感じていた。

ユウくん「笑わせんなよ」
茉莉花「そこ、触られたことない…」

 

茉莉花は快感に流されそうになっていた。

感じている様子の茉莉花を見てユウくんは、「いつも”ユウくんは私の奴隷なんだからね”って威張ってるくせに」と言った。

 

(そうだ、女王様の真似…)ユウくんに好きって言わせるための、朝這いだったことを思い出した茉莉花は、強がって「ユウくんはへたくそだけど…」と話し出した。

いつもの女王様のフリで、好きだって、認めたらこの続きをさせてあげる、と言うのだった。

 

そんな茉莉花に、強引にキスをして、舌を絡ませるユウくん。

茉莉花の胎内に指を淹れながら「じゃあ、なんでこんなに…何て顔してんだよ」ビクビクっと感じまくる茉莉花。

 

ユウくんの胸に抱きつきながら、「続きして…」とたまらないように言った。

「ユウくんの事が好きだから、最後までしたい」茉莉花の口から出た意外な台詞に、驚いて固まってしまうユウくんだった…。

◇感想

今回も、幼なじみの歪んだラブマウントが、たまらなく面白かったですねw。あり得ないところが、面白い!

っていうか、スペアキー拝借って、それ普通に犯罪ですからね。ストーカーですよー。
そういうところは積極的なのに、自分から好きとは言えなくて、相手に言わせることにそこまでこだわる茉莉花って…。

友達もアドバイスっていうか、ただ聞いているだけ(しかも呆れ顔)結局、ノロケ話なのか???

で、部屋に侵入しちゃうわけですが、いくら幼なじみとはいえ、朝起きていきなり部屋にいられたら、普通に警察に通報するレベルの気持ち悪さですけどね。

そこで、犯し始める…て、これまた合意じゃなかったらヤバイのでは?ってところなんですけど、茉莉花は流されそうなほど快感を覚えてるから、いいのかな…。

一度は女王様を気取ってユウくんをけしかけておいた茉莉花ですが、ユウくんにぐいぐい攻められて、ついに、女王様の化けの皮がはがされちゃいましたw

素直に『好き』って言えて、結果オーライ?さあ、続きはどうなるのか?

ユウくん、俺も。とか普通に言っちゃったりして。それもそれで…。楽しみですね♪

 

【茉莉花ちゃんと優しい恋の奴隷】の単行本を読むならまんが王国がお得!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事