【パラレルパラダイス】最新話125話ネタバレや感想!ルーミの作戦で侵入成功?

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2020年7月6日発売のヤングマガジンにて、【パラレルパラダイス】の最新話である125話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

124話 一覧 126話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【パラレルパラダイス】最新話125話ネタバレや感想!ルーミの作戦で侵入成功?

とうとう街の門に着いた三人。

その大きさにヨータが驚いていると、ルーミはその門に不用意に近づいていきます。

どうやらここは裏口のようで、見張りもいないようです。

新人の頃警備してたから抜け道も知っているとのこと。

 

ルーミは壁に張り付く薬を手に塗り、城壁を登ります。

城壁の途中にある見張り台から侵入するようです。

ヨータと仁科も登ろうとしたとき、見回りの兵士に見つかってしまいます。

 

壁を登るルーミを見て「くせ者!」と笛を鳴らそうとしたため、ヨータはその口をキスでふさぎます。

一瞬で欲情する兵士。

仁科はその光景を冷たい目で見つめます。

 

兵士は悶絶して倒れ、そのうちに二人も登ることに。

どうやら国母に警戒されているようで、警備ルートが変わっていたようです。

 

何とか見張り台まで登り切り、三人は街の中を目指します。

電気もないのに、巨大な建造物を作ることに対し、ヨータは「嫉妬深い神から街をま持つためなのか」と考察します。

ですがそれだけに、今いるルートの警備の薄さに疑問を感じるヨータ。

 

そのことについて訊くと、ルーミは「ここはミノタウロスの巣だから誰も入ろうとしない」などと話します。

するとそこにさっそく巨大がミノタウロスが。

 

そのミノタウロスは壁を壊し、街の中へ侵入してしまいます。

それを見たピアノと呼ばれるガーディアンは「なぜミノタウロスが町中に出てくる?」と疑問に思いつつ、「早く壁の中に戻れ!私を怒らせる気か!」と怒鳴ります。

するとミノタウロスはおとなしく巣に帰っていきました。

 

行き当たりばったりなものの、ヨータたちはミノタウロスが暴れている間に街の中へ入ることができたようです。

ピアノと呼ばれるガーディアンはルーミと知り合い知り合いのようですが、見つかるわけにはいかないので、隠れながら魔女の元へ向かうのでした。

 

その頃、ピアノは他のガーディアンの女の子二人と話していました。

ミノタウロスが町中に侵入したのは、何十年ぶりの異常事態のようです。

そのことから三人は

 

  • 賊が侵入したかも
  • 男が現れたかもしれない

などと話し合うのでした。

感想

とうとう街の中へ潜入することができました。

危なっかしい場面は多々あり、しかも侵入したことが早々にばれてしまったようです。

 

一応変装してますし、すぐにはバレないかもしれませんが、ばったり出会ってしまったら確実にバレそうです。

魔女の元へたどり着くまでに見つかってしまいそうな予感がします

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事