漫画を安くお得に読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を安く読みたい!」

というあなたにはまんが王国という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 まんが王国の特徴 
    1.  無料会員登録時すぐに半額のクーポンがもらえる! 
    2.  漫画購入時、最大45%ポイント還元! 
    3.  各種キャンペーンでさらに安く購入できる! 

 

登録も簡単ですし、無料会員なら基本的に解約する必要はないので、とりあえず登録しておいても損はないですよ。

 

▼無料会員への登録はこちらから!▼

 

Sponsored Link




のえるがΩなんじゃないか、と漠然と感じ始めた幸村。

そのことを秀吉に打ち明ける。

秀吉は、信長と幸村のいる場で、のえるを呼び出し直接本人にΩであるかどうかを直談判する…というのが前回までの話。

【バイトメーカー~王様のΩ~】最新話18話ネタバレや感想!7月3日掲載分

・のえるはΩ。自分から告白する!

のえる「私はΩ 生きる 絶滅危惧種よ」

そう3人の前で宣言するのえるだった!

三人は、それぞれ違った受け止め方をしていた。

 

幸村は、やっぱり…というように満足気。

秀吉は、なぜか、どこか、がっかりとした悲しげな表情。

そして、もとからのえるがΩであることを知っていた信長は、冷静を装っていたが苛立ったような様子だった。

・3人の過去を振り返る。回想シーン

幸村は自分の過去を思い出していた。

普通のβとして、彼女もいた幸村。

突然自分の性別がαで、しかもナンバーズであることが分かった16歳の時を思い出していた。

安土桃山学園で、ナンバーズである信長と秀吉にあい、圧倒的な存在感に驚いていた。

 

そして、αであることが分かり、彼女の態度が急変する。

ゴムなしでもいいよ、どころか、あなたの子供を産ませて…と迫ってくる。

それは、αに引き寄せられるβの「本能」であって、幸村本人を見ているのではなかった。

そんな態度に幸村はうんざりしていた。

 

そんなとき、出会ったのえる。

幸村のキスを拒み、「自分が好きになった人としか結ばれない」という、のえるの毅然とした態度に魅かれていた。

それが、のえるがΩだったとわかり、すべてに納得していたのだった。

 

秀吉も、自分の過去を思い出していた。

なぜか、それは幼い頃。

初めて信長に会った時を思い出していた。

信長のデータをすべて把握していた秀吉だったが、信長にあった瞬間、背筋が凍った、と感じていた。

それが、自分が初めて「本能」的に感じた感覚だった。

 

残念ながら、今の秀吉は、のえるに対して、本能的な感覚は、感じなかった。

ただ、ただ、恋しい、悲しい、彼女が欲しい、と感じるだけ…。(運命も本能もなくなってしまえ…)

 

信長は、のえるがΩであることを、わざわざみんなの前で言った事を苦々しく思っていた。

(自分だけが知っていればそれでよかったのに)

でも自分から言うところ、そんなところをのえるらしい、とも感じていた。

 

思い出したのは幼い頃、父に「死ねばいいのに」と言われていた信長は、ベッドに拘束され、目隠しをされていた。

自分は痛くない、苦しくない、平気だ…と言い聞かせて耐える。

そんな信長に、きらきらの金平糖をこっそりと食べさせてくれる母上。

「これは信長の目よ、忘れないで。いつか信長に好きな人が出来たら、きっとわかるから」そして信長を胸に抱き、「大好きよ、愛してる…」と何度も言うのだった。

 

信長にとって、のえるは、『突然侵入してきた、気位の高い、貧弱な体の女』だった。

まっすぐと射殺すように見るその視線。

なのに信長は、のえるにいつも会いたくてしかたなかった。ただただ、ずっと会いたくてしかたなかったのだった。

 

・・・

 

場面は変わって、のえるがΩであると告白した瞬間に戻る。

興奮して立ち上がった幸村。グラスが落ちて割れてしまう。

 

信長「だから?みんなの前でいう必要があったか?」

みんなの気持ちが手に取るようにわかる、と言う信長。

「のえる、お前を手に入れたい…今すぐに、お前を犯したい」

感想

のえるの告白!

みんな受け止め方、思うところは人それぞれです。

幸村は、のえるの事を、αだからというだけで自分に近づいてくる人間とは違うところに魅かれていました。

ただ、それだけの事ではなく、どうしようもなく魅かれてしまう事に、疑問を持っていた。

それが、のえるがΩだから、と聞いて、そのせいだったのか、と納得していました。

そして同時に、手に入れたい、と強く感じていた。

 

秀吉は、初めて本能を感じた日を思い出していました。

それは、奇しくも初めて信長に出会った日。

本能が揺さぶられる圧倒的な存在感に威圧されたことを思い出していました。

残念ながら、のえるにはそれを感じない、その事も分かっていた秀吉でした。でものえるが恋しくてたまらない、運命の人じゃない事はわかっているのに。

信長は幼い日の事、母上の事を思い出していました。

どこかのえるに似た面影の優しく美しい母上。

信長に「好きな人が出来たらわかる」と言っていました。

そのことを、今なぜか思い出すと言う事は、やっぱり、今信長がのえるに抱いている感情が、「好き」という、信長が生まれて初めて感じる感情ということなんでしょう。

 

でも、みんな結局は、のえるを手に入れたい、自分の物にしたい、という気持ちにはかてないんだろうなぁ。

そして、のえるは、誰を選ぶのか?続きが楽しみですね。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大45%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大45%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大45%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事