漫画を安くお得に読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を安く読みたい!」

というあなたにはまんが王国という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 まんが王国の特徴 
    1.  無料会員登録時すぐに半額のクーポンがもらえる! 
    2.  漫画購入時、最大50%ポイント還元! 
    3.  各種キャンペーンでさらに安く購入できる! 

 

登録も簡単ですし、無料会員なら基本的に解約する必要はないので、とりあえず登録しておいても損はないですよ。

 

▼無料会員への登録はこちらから!▼

 

Sponsored Link




2020年6月25日発売の月刊アクションにて、【つぐもも】の最新話である130話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

129話ネタバレはこちら!

【つぐもも】最新話130話ネタバレや感想!幼女姿の斑井

糸信がぐったりと倒れているみまねを発見するところから始まります。

 

あるみと響華が一日に2回、エッチをするために、【影法師】をお願いしてきているのが原因のようです。

「したけりゃ本人に言えばいいじゃん」と愚痴るみまねですが、糸信は気まずそうに体をもじもじさせながら「その通りだ」と答えます。

 

そんな糸信を見て、あきれた表情をするみまね。

その後、霊力が不足しているようで、霊交接をしてもらうために二人はかずやの部屋に行きます。

ですがかずやの部屋には誰もいませんでした。

 

当の本人は、桐葉と一緒にくくりの小さな神殿のようなところに来ていました。
(お墓のようなもの)

そこにくくりの好きだったはまやの水ようかんを供える桐葉。

3つのうち二つを自分たちで食べながら、桐葉は「やっぱりプリンの方がうまいぞ…くくり…」と寂しそうに心の中でつぶやくのでした。

 

二人が去った後、急にくくりの神殿から光が出てきます。

すると中からくくりが出てきて、水ようかんを取ると、何事もなかったかのように、また中に戻っていくのでした。

 

上岡、金羅神社にて。

たぐりにまぁちゃんと呼ばれている少女がせっせと床拭きをして働いていました。

たぐりに文句をいう少女ですが、「あなたが今も生きていられるのは誰のおかげかしら?」と脅しにかかります。

借金『1億4千950万円』を返すまでは強制労働させられるようです。

 

「絶対逃げ出してやるからな」と心の中で決意しつつ、少女は洗濯・事務・料理・洗い物などの雑事をこなします。

そしてお風呂の時間では、幼女好きのたぐりに体を好き放題されて、失禁してしまいます。

 

その少女とはつづら殿の元副頭首でクーデターを起こした斑井でした。

クーデターの際、ぐちゃぐちゃの体になってしまった斑井。

当時、牢屋に入れられ、殺されるのを待つだけの運命でしたが、央姫が「館壌はにや」という祭神を連れてきました。

どうやら斑井を人の姿に戻せるかもしれないとのこと。

 

そしてはにやが斑井をもみもみすると、醜い塊だった体は、幼女の姿になってしまったのです。

元のおじさんの姿からは想像もできない姿。

斑井はその姿に不満のようで、はにやにつっかかります。

 

ですが、人の形は魂の在りようにそっていなくてはいけないようで、傀儡帯の呪いによってゆがめられた斑井の魂にふさわしい姿がそれだったようで、意図的に幼女にされたわけではないようです。

 

斑井が人の体に戻れたところで、央姫は武闘会の際に、体を好き放題されたことを話します。

「この貸しはつづら殿に戻った時にたっぷり返してもらいますからね」と不敵な笑みを浮かべながら言うのでした。

 

その時のことを思い出し、風呂に入りながら寒気を覚える斑井。

「仲良くやってればいいのに。クーデターなんて起こすから…」とたぐりが話すと、斑井は「私は間違っていない!」と叫びながら立ち上がります。

 

そして斑井は反乱を起こしたのはすべてつづら殿の、世界のためだった、などと話し始めます。

 

  • 央姫は安全を重視するあまり育成意識が欠けていた
  • 多少の犠牲をもってしても強くならねばならず、改革が必要だった
  • 手に負えないような大怪異が来たときに後悔しても遅い

 

など話す斑井。

たぐりは真剣な表情でその話を聞きながら、斑井の体を触り続けます。

 

斑井は武闘会の前に、水晶玉の未来予知を傀儡帯で強化して、奏歌解放の日である3年先の未来を視ていました。

そこで見たのは、荒廃した街に、巨大な木のようなミハシラがそびえたっていました。

 

とにかくその未来だけは避けたいとのこと。

たぐりは央姫に話せばよかったのにと言うも、斑井は『言霊』の影響を恐れ、話すことができませんでした。

斑井の見た未来は一つの可能性ですが、斑井がその未来を広めることで、その未来に引き寄せられてしまうようです。

 

あるみもその未来自体は見ていないため、自分だけで回避策を練るのが最善と考えたようです。

 

「しっかり考えてんじゃない」と斑井を抱きしめるたぐり。

斑井は「央姫たちは予想以上に強かった」「一刻も早くつづら殿に戻らなくてはいけない」ことを伝えるも、借金を返すまで、たぐりが解放してくれることはありませんでした。

 

夜になり、斑井はなんとか神社を出ようと試みるも、扉はびくともしません。

すると斑井は寝ているたぐりの服をはだけさせ、たぐりの体で憂さ晴らしを始めます。

 

斑井はたぐりの体に夢中になるあまり、「逃げ出す」ことを忘れていじくり続けます。

そして少し正気を取り戻した斑井が、たぐりの体を触りつつ、「絶対に逃げ出してやるからな」と決意するところで終わります。

感想

くくり、死んだと思ってたら、ちゃっかり生きてましたね。

ただの幽霊になってしまったのか、今はただ回復しているだけなのかはわかりませんが、奏歌の復活の際に、再登場することになるかもしれません。

水ようかんを食べ続けていればいずれ復活するはずです。

 

また、かずやとの勝負の末、化物のような見た目になってしまった斑井ですが、なんともかわいらしい幼女の姿になってしまいました。

前の人間だった頃の体よりは随分ましに思えますが、本人はかなり不満なようですね。

また、悪人を絵に描いたような斑井にも、クーデターの理由はちゃんとあったようで、本人なりに何とかしようと努力していたようです。

 

結果的につづら殿の戦力は増えましたし、結果オーライなのでしょうか。

つづら殿に帰ってから、央姫に何をされるのかも気になるところです。

たぐりの体に惑わされることなく、斑井はつづら殿に戻ることができるのでしょうか?

最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大50%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大50%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大50%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事