【Sフレコンプレックス】最新話7話ネタバレや感想!12月25日掲載

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

2020年月12月25日発売の&FLOWERにて、【Sフレコンプレックス】の最新話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

酔った勢いで、イケメンモデルの本田皇と、シちゃった、女子大生 乃亜。

乃亜にとって皇は、モデルをやってる最愛の弟、和也のライバルなのに。

そんな皇を好きになっちゃいけない、と気持ちを抑えようとしていた。

弱みに付け込んでいるように見せかけ、黄河ときどき見せる乃亜へのやさしさ、気遣いに、乃亜は気持ちをおさえられなくなり…。

というのが、これまでのお話です。

Sフレコンプレックス】最新話7話ネタバレや感想!12月25日掲載

皇の乃亜への思い…

「姉ちゃんを傷つけたら、本田さんでも許しませんから」

そう和也に言われた皇…。(あいつを傷つけたかったわけじゃない)

 

・・・

 

回想シーン。

皇は小学生時代を思い出していた。

小学生時代の皇の両親はケンカばかりして、夫婦顔を合わせないようにするために、仕事ばかりしていて、いつも家で一人過ごしていた皇だった。

 

社会科見学で、みんな弁当を持参した時も、皇だけはコンビニ弁当。

やばくない、と陰でコソコソ言われる。

そんな皇に、

「私、それ食べたい。交換しよう」という女の子がいた。

(弁当作ってもらえるやつの余裕かよ)

 

そう思いながら、その女の子の弁当を食べ始める皇だった。

「うまい!」形はいびつだったがおいしかった。

「でしょ!」と嬉しそうに言う。

 

皇に近づいて、こそっと、自分も両親が事故で死んじゃって弁当を作ってもらえないから、自分で弁当を作ったんだ、という。

(それでどうこういわれるのくやしいじゃん、と。だから自分で何でもやってるんだ、と言う。)

 

「お互いに頑張ろうね」そう言って、皇をはげましてくれた。

その女の子が、乃亜だった。

(なんて強くてかっこいいんだろう)

 

それから、皇も自分の力で幸せになれるよう努力するようになったのだった。

皇にとって、乃亜は、そのきっかけをくれた女の子だった!

 

それから、皇は両親の離婚で引っ越してしまい、乃亜と離れ離れになってしまった。

そんな二人が大学で再会するのだった。

 

皇は、乃亜のことにすぐ気づいた。

もうモデルとして活動していた皇。

 

乃亜が自分が表紙写真になっている雑誌を持っていることから、自分のファン?と声をかけてみた。

 

乃亜「私、あなたのことが大っ嫌いなんです」
皇「えっ!」

 

たしかに小学生時代も接点はほとんどなかったが…。

オレ何かした?乃亜の言葉にショックを受ける皇だった。

そして、すっかり忘れられてしまっていることにも…。

 

その後、初対面を装って、乃亜を食事に誘い、飲ませて介抱することに。

乃亜がキスしてきたことに浮かれた皇は、そのまま最後まで乃亜とやってしまった。

 

あの時の原田(乃亜のこと)が自分の腕の中にいる、そう思うだけでうれしくて、たまらなくって、この瞬間を切り取りたい。

そう強く思った。

その時、乃亜が、「いいよ、これで撮っても」とスマホを差し出した。

それが、例のハメ撮り写真だったのだ。

 

結局、酔っぱらっていた乃亜は、そんなやり取りもすっかりと忘れていて、それだけでなく皇と寝たことも、皇をハメようとしていたという事に気づき、それがショックで強がったことで、拗れてこじれて、今の関係になっていること…。

早く、キミが好きだって…伝えたいんだから

和也に、「姉ちゃんを傷つけたら、本田さんでも許しませんから」そういわれたことで、自分が今まで乃亜に、一度だってまっすぐに思いを伝えていないことを思い出した皇。

和也に、「傷つけないし、めちゃくちゃ大事にするっていうやつなら、姉ちゃんに手を出してもいいってこと?」と聞くのだった。

和也「大事にするなら!」

 

思いがあふれだしてきた皇。

仕事を切り上げて、乃亜のいるホテルに駆け込んでいくのだった。

 

乃亜は突然現れた皇に驚いていた。

皇は大事な話がある、と乃亜に言う。

 

驚いた表情の乃亜だった。

「オレ…原田の事…ずっと…」皇の胸に突然飛び込んできた乃亜!

(オレの思い、言う前に伝わっちゃった?)

 

驚く皇だった…が、乃亜はそのまま倒れてしまいそうになる。

すごい熱だった。

 

・・・

 

皇の部屋のベッドの中。

乃亜は薬が効いたようでぐっすりと眠っていた。

皇は乃亜の額をなでて、早く元気になれよ、と言うのだった。

皇「早く、キミが好きだって…伝えたいんだから」

◇感想

皇と乃亜、実は小学校一緒だったんですね!

そして、乃亜はそのことすっかり忘れちゃってるし…。

 

今までずっと、皇が高飛車なイケメンで、乃亜を言いなりの奴隷扱いにする酷いヤツだと思っていましたが、実は乃亜に忘れられていたこと、しかも自分にとっては忘れられない大事な存在だった乃亜に、何もしてないのに大っ嫌いと言われた事の仕返し、だったということか!

 

好きな子にはイジワルしたくなる、ってやつでしょうか?

(乃亜も、皇と最後までやってスキャンダルで貶めてやろうという、なかなかにして性悪なのでお互いさまかw)

 

でも、和也の言葉で、自分の本当の思いを見つめなおした皇。

ストレートに乃亜に思いを伝えに行くのですが、乃亜は高熱を出していて思い伝えられず。

次回はストレートに思いをぶつけられるのでしょうか?

続きが気になりますね♪

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

おすすめの記事