執事・黒星は傅かない7話(最新話)内容ネタバレや感想!2019年8月5日更新分

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年8月5日に発売された花とゆめに掲載されている執事・黒星は傅かない最新話7話。

ここでは、その内容をまとめていきます!

執事・黒星は傅かない7話(最新話)内容ネタバレや感想!2019年8月5日更新分

最新話7話内容ネタバレ

名家・西園寺家に仕える執事・黒星は優秀だけど型破り。

 

そんな黒星に恋心を抱くお嬢の紫は、内弁慶を直すべく公立高校に編入します。

お嬢を溺愛する黒星は清掃員として高校に潜入し、見守っているのです。

清掃員姿で高校に潜入している黒星。生徒たちからは目の保養とされていますが、黒星が見ているのは、もちろんお嬢だけ。
学校は、体育祭の準備期間に入ります。

 

紫も買い出し班に入り、みんなと出かける事になります。
黒星には先に帰るように指示しますが、素直に聞き入れるとは思えません。

みんなには内緒ですが、お嬢である紫はICカードを持っておらず、買おうとすると黒星が現れて発行してくれます。
百均で手芸コーナーを探せば、しつこいほどの案内があり、やはり黒星がいます。
どこに行っても黒星も、いる。

 

買い物も終わったところで紫の荷物を持ってくれようとした梶くんの手が紫の手に触れたところをみんなに見られて騒がれてしまいます。

お嬢であることを知っている梶くんが紫を気遣っての行動でしたが、「梶がゆかりんの手握ったー!」と騒がれてしまいますが、荷物を持とうとした、と説明したら今度は、じゃあ、他の人のも、とみんなの荷物を持たされてしまう梶くんでしたが、ちゃんと他の男子も持ってくれます。

 

気遣ってくれたのに変な誤解をされたのを謝るお嬢ですが、いいよ、と許してくれる梶くんに、「いろんな初めてのことをみんなと経験していくの、すごく楽しいよ」と正直な気持ちを話します。

西園寺のお嬢様ではなく、このままの自分でいられる場所が楽しくてうれしい、と考える紫を、やはり黒星は見守っています。
買い物終わりのお茶に立ち寄ったカフェでも、もちろん黒星がいます。
店員として接して、紫以外にも黒星とバレますが、しれっと次のバイトです、と答えます。

 

お嬢に渡したドリンクには、ポーズをとる黒星とおじょうLOVEのプリントまでしてあるのはすごいです。
みんなと楽しくドリンクを飲んでいると、他の客から騒がれている黒星が目に入り、紫は思わず彼を物陰に連れ込み、「なにしてるのよ!帰っていいって言ったでしょ!」と責めてしまうのですが、逆に顔を両手で挟まれ、くちびるの色が悪いと心配されているところをみんなに見られてしまいます。

 

当然のことながら2人の関係を聞かれて、本当のことを言わなくちゃ、と決意して紫が口を開く前に、「恋人同士です」と黒星が宣言してしまいます。
事情を知り、怒りをぶつける紫の祖父に、咄嗟に出た事だし、友人達には口止めし、内緒の恋、ということにしたし、男避けにもなるから、と黒星は平然と答えます。

 

ひとり、部屋で赤い顔をして「ひとの気も知らないで、黒星のあほ」と悶える紫で終わっています。

感想

初めて友人達とのお出かけを喜ぶ紫は可愛いし、いつでもどこでもそれを見守る黒星は、さすがです。
タピオカドリンクにプリントを入れるのに、プリンターまで持ち込んでいるとか、笑えます。

しかし、今後は友人達のまえでは恋人同士を演じることになり、紫がどう反応していくのか、楽しみです。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事